人気ブログランキング |

タグ:ローズヒップ ( 8 ) タグの人気記事

1月の薔薇の作業

皆様、薔薇の冬作業は順調に進んでいるでしょうか。

今月も、先月に引き続いてつるバラの剪定と誘引の適期です。
剪定が終わったら、カイガラムシを落として施肥をしましょう。
鉢で育てている場合は、植え替えも適期です。

この時期の肥料は、液肥ではなく固形タイプの物をやります。
品物によって効く長さ(期間)が違いますから、
お手持ちの肥料の特徴を確認して施肥してくださいね。

地植えのバラの移植をしたい場合や、新しい苗の植え込みも
バラがおやすみモードの冬に行うとダメージが少ないです。

この赤い実は、ラベンダー・ドリームです。
大きさも程々でとても艷やか。
色も濃くなり、とても可愛いです^^
c0140714_15301909.jpg

さて。
バラ剪定のやり方というのは、人によって本当にそれぞれだなぁと思います。
これこそが正しいやり方です!というような
画一的なものではありません。

お客さまに説明しながら作業することもあるのですが、
「古い枝、新しい枝」とか「動きそうな良い芽」などと言っても
表現の仕方があいまいですし、ピンときていなさそうだな、
と思うこともしばしばです(´・ω・`)

ご自分の中に比べる基準がないと、新しいのか古いのか
判断できない、ということがあるのだと思います。

バラの冬剪定では、新しい枝というのは
前年の春以降に伸びた枝のことを指します。
今は2019年の1月ですから、2018年の春以降に伸びた枝です。
(12月に剪定するのなら、その年の春以降)

その新しい枝の一番枝(いちばんし)で毎年冬に切るようにすると、
全体の姿がヒョロヒョロとせず、整っていくのが分かると思います。

一番枝というのは、春一番最初に花を付けた枝のことです。
花殻を摘んで、次に咲くのは二番花で、その枝は二番枝と言います。
先に伸びるにしたがって、枝は細くなっていきます。

充実した一番枝が出ていれば、その枝にいい芽があるはずですから
一番枝のどこかで切れば、まぁ大丈夫という感じです。

ちなみに「古い枝を取り除く」というのもよく聞くと思います。
何年目からが古いということになるのか??等の
ご質問を受けますが、厳密な決まりはありません。

株全体の枝の本数や健康状態、
その枝が勢いのある脇枝を出せているかなど
総合的に判断していただくのがよろしいかと思います。
くたびれてしまった枝は、お役御免で感謝とともに剪定します。

問題なのは、全体的にシュートも何も出ていない場合です。
枯れてはいないけど、その株は「活発に動いていない」状態です。

株が若いのにシュートが全く出ないのは
何かが足りていないということですので、
今後の管理方法を改める必要があります

全部の枝がくたびれている状態のときは
たとえ小枝だろうが、極小の葉だろうが、休眠する時期だろうが
とにかく光合成をさせるため、取らずに残します。

枝が混み過ぎて、風通しが極端に悪い場合に限っては
ある程度、枝を抜いてもいいでしょう。

まとめると。

◇つるバラ(大きめシュラブ含む)の剪定と誘引
◇寒肥の施肥
◇鉢植えの植え替え
◇カイガラムシ落とし
◇移植や苗の植え込み

そんなところです。


by weekendsladybird | 2019-01-17 21:28 | Comments(0)

安曇野の実

冬の作業も終わりに近づき、ようやく先が見えてきました。
3月に入ってから伺う方もいらっしゃいますが、今暫くお待ちくださいね。

今日は残しておいた安曇野の実を摘みました。
パチパチとハサミを入れること小一時間。
たくさんの実が取れました。
c0140714_21562699.jpg


気が早いこの子は、もう新芽が動き始めていました。

梅も咲いています!春はもうじきです。
c0140714_21591134.jpg



by weekendsladybird | 2015-02-24 22:12 | Comments(0)

晩夏の庭

だんだんと暑さも和らぎを見せ始めました。
日中はまだまだ滝のような汗に見舞われますが、
夕方の涼しい風に秋を感じます。

植物たちも、元気に過ごしています。
c0140714_13160169.jpg
ヘリテージ。春からずっと、よく咲きました。

c0140714_13155238.jpg
アメリカンピラーのヒップ。伸びすぎを抑えようと、すべて実を残してあります。
秋の姿が楽しみです。

c0140714_13160900.jpg
ルリマツリ。
涼しげなブルーが木陰を作ってくれています。



by weekendsladybird | 2014-08-24 13:26 | Comments(0)

冬の剪定作業しています

寒くなりました。
朝晩、手がかじかみますね!

順調に作業は進んでいます。
こちらのお庭に伺うのは、年に3~4回。
伸びる品種がたくさんあるので、少し混み合っていますが
どれも皆元気に育っています。

写真は、名前の分からなくなってしまった修景バラのヒップです。
c0140714_2334249.jpg
良い枝が出て、花をたくさん咲かせたことがわかります。
もう実を残しても生育に差障らないか気にならないようになりました。
カイガラもいないし、上々です♪
by weekendsladybird | 2012-12-10 23:42 | Comments(0)

薔薇の実 つづき

撮影した順番にupしたので、まとまりがありませんが(笑)
今日もローズヒップのご紹介です。
もっとたくさん写真を載せたら、整理しようかな・・・

これは、ガリカ・トリコロール。
c0140714_21303733.jpg



シーガル。片親がノイバラなので、実も似ています。
c0140714_21315280.jpg



ランブリング・レクター。ノイバラ×モスカータです。
c0140714_21335238.jpg



カラフトイバラ。学名は、ロサ・ダヴリカ(R.davurica)といいます。
名前からも想像つきますが、暑いところはちょっと苦手なようです。
夏に涼しめの場所なら、関東でも大丈夫です。
このカタチ、かわいいなぁ~~
c0140714_21402693.jpg



レネ・ダンジュー。モスローズのトゲトゲが、実にちゃんと残っています。
c0140714_21452860.jpg

んもぅ、かわいい~っ!
・・・え?そうでもないですか(笑)!?
by weekendsladybird | 2010-10-25 21:53 | Comments(0)

薔薇の実

秋ですね~
薔薇の実を見つけると、写真を撮るようにしています。
今日はその一部をご紹介します。

これは、ハイブリッドムスクのエヴァ。
c0140714_1941171.jpg



こちらは、みなさんご存知のバレリーナ。
これもハイブリッドムスクです。
c0140714_1945261.jpg



アルバ・ソーヴェオレンス(A.Suaveolens)。
ピーター・ビールス氏の本では、本種はアルバ・セミ・プレナと
同一種扱いになっていますが、意見は分かれるようです。
とてもよく似ているので、その差は個体差ともいわれているようです。
確かに、違うといえば違う・・・そっくりさんですね。
c0140714_1953530.jpg



ロサ・ダマスケナ・ベルシカラー(R.damascena versicolor)。
またの名は、ヨーク・アンド・ランカスター。
とんがりの二人が寄り添ってるみたいで、かわいい。
c0140714_1961657.jpg



ダマスクの、ローズ・ド・メ(Rose de Mai)。
分類は、ケンティフォリアとする説もあります。
ちなみに、似た名前の Rose de Meaux とは、別種です。
こっちのは、花弁の枚数も少なめです。
c0140714_196541.jpg


つづく。
by weekendsladybird | 2010-10-24 18:45 | Comments(0)

ワイルドローズ

秋晴れです♪
空が真っ青な一日でした。
洗濯物もよく乾いて、お日様のいい匂いがします。

今日はワイルドローズの写真をいくつかupします。
花は一重で、あまり華やかさはありませんが、
秋に実を楽しむために植えてみるのもいいかもしれませんね。

ロサ・ヘテロフィラ
c0140714_20452797.jpg


ロサ・ペンデュリナ
c0140714_20461753.jpg


ロサ・ルビギノーサ(ロサ・エグランテリア/スイート・ブライアー)
c0140714_2047977.jpg


ロサ・サフルタ(青々した葉っぱは、ヤブガラシです・・・^-^;)
c0140714_2049933.jpg


ロサ・ヴァージニアーナ
c0140714_20501437.jpg

ワイルドローズ以外でも、しべが見える品種などは実がなることがあります。
ですが、バラは実をならせると、株全体が種を作ることに集中してしまいます。
花を咲かせたいときは、実はあきらめましょう。
また、あまりたくさん実を付けさせると、株が消耗してしまいますので
モダンローズの場合は、花殻は摘んだ方がいいと思います。
by weekendsladybird | 2007-11-04 21:16 | Comments(0)

ロサ・カニーナ

朝晩空気がひんやりして、深呼吸するのが気持ちいいです。
c0140714_12374619.jpg

ロサ・カニーナの実が色づきました。

バラの実が色づくと、秋だなぁ~という感じがします。

ぷっくりしてかわいいですね。

カニーナはとてもお役立ちなバラです。

花を観賞するのはもちろん、ヨーロッパ産の苗の台木になったり

実を鳥や人間に提供してくれます。

ローズヒップとしてお茶やジャムにするのは、この品種ですね。

このバラを育てるときのポイントは、水の管理です。

日本で主に台木に使うノイバラよりも

乾燥には強いですが、過湿は苦手です。

ですので、輸入苗の場合は、灌水に気をつけてあげてくださいね。
by weekendsladybird | 2007-10-19 12:36 | Comments(0)