人気ブログランキング |

タグ:バラの育て方・管理 ( 52 ) タグの人気記事

花冷えは、バラの病気に備える合図

桜が満開です。

今年は開花宣言されてから、気温の低い日が多めで
長く桜を楽しめていますね。

今日は4月8日ですが、夕方以降は雨が降るようで
明後日にも雨の予報が出ています。
この日の都心の最高気温は10℃の予想。

ここで、自分たちの服装以外にも気にかけてほしいことがあります(*^^*)

ほとんどのバラはもう柔らかな新芽を吹いています。
c0140714_11260338.jpg
早いものは小さな蕾が上がっていますね。
c0140714_11273902.jpg
こういう時に気温が下がると、バラに病気が出やすいので注意が必要なのです179.png
気温が低く、湿度が高いという状況は、病原菌が繁殖しやすいのです。

この場合の湿度というのは、空気中の湿度に限らず
バラ周辺の湿度ということです。
これは雨でも上がりますし、人為的な水やりや薬散でも上がります。

こういうときわたしたちは、
気温が低くなる前に予防薬を散布しておく ということをします。
(無農薬で育てたい方は、お薬以外の対策をしてくださいね)

柔らかな葉はダメージを受けやすいので、強い薬はおすすめできません。
希釈して使う薬は、希釈倍数をきちんと計って濃くならないように。
いろんな病気に一度に備えたいからといって、殺菌剤を複数混ぜるより
単品で使ったほうが、新芽へのダメージが少ないように思います。

また、たくさん希釈して薬が余ったからといって
同じ場所に何度も重ねて撒かない。
早朝や夕方以降の、気温が下がる時間帯に薬を散布しない。
といったことにも配慮が必要です。

仕事で日中は庭しごとが出来ないとか
ご近所へ配慮しなくてはいけないから昼間は撒けない等々、
人間の都合も、それぞれいろいろあることと思いますが。

これら諸々をお考えいただいて、ご自分のバラをどのように育てるか
お決めいただければいいかなと思います。

状況に合わせて、バラが好む適切な対処をすれば
バラは元気に育ってくれるでしょう。

見守るだけで、お手入れのポイントを押さえず放ったらかせば、
それなりな状態になります 笑

すぐ出来るようにならなくても、誰も責めませんから安心してね102.png
ただまぁ、ご自分でご自分の好きなことや、
何をどうしたいかを考えるいい機会にはなるかな?!

バラを育てるということ。
ちゃんと向き合うと、奥が深いのです162.png

by weekendsladybird | 2019-04-08 12:54 | Comments(0)

2月の薔薇の作業

日に日に日差しが暖かくなってきました。
土の中で眠っていた球根や、宿根草の可愛らしい芽が
ちょこんと顔を出していますね。

こちらのお庭では、スノードロップが今年も元気な姿を見せてくれました。
c0140714_13572273.jpg

さて、2月のバラの作業は。
株立のバラは、2月頃が剪定の適期とされています。
少しくらい早くても大丈夫ですが、あまり遅いのはよくありません。

暖かい場所で育てている株は、新芽が動き始めているものもあります。
芽が動き始める前に剪定を済ませておきましょう。

「せっかく大きく育っているのに、なぜ切ってしまうの?」
というご質問がありましたので、簡単にご説明します。

バラを管理するにあたって、今現在のことだけでなく
数年先のことまで考えておく必要があります。

場所が広くて、枝を伸び放題にしても差し障りがないのであれば
無理に切らなくてもいいかもしれません。

また、伸びた枝の重みでしなったり、
枝の下の方から脇枝が出なくてもよいのであれば。

見上げるほど高いところで花が咲くのでも構わない、
大株になったら脚立を使ってお手入れします、
ということであれば、お好きなようにしていただいて構わないと思います。
ご自身のバラですしね(*^^*)

そうでないのであれば、コンパクトに形を整えたり
ガッチリした株に育つよう、冬に剪定をします。

気を付けたいのは、枝が伸びる初夏から夏にかけてではなく
冬の剪定で形を整えるということです。

そして、形を整える冬の剪定と、花がら摘みは別だということ。

花後の6月頃から夏にかけて、どうせまた伸びるからと
やたらバシバシ切ってしまう人がとても多いのですが、
これを続けると、更新させるための枝が育たず
その株の寿命は短くなってしまいます。

剪定のやり方ですが、まずは枯れた枝を取り除きます
残った枝がどういう状態かで、どれくらい切るのか
または切らないのかを考えます

一概には言えないのですが、おおまかにご説明しますと
元気な新しい枝がたくさんあれば、切ってよし。
病気だったり古い枝がほとんどという状態なら、控えめにという感じです。

何年目の枝か、とか
太さ何センチの枝か、とか
どれくらいの高さで、とか
何芽残して、とか

目安を数字で説明することを往々にして求められますが、
どうしてもその数字が独り歩きしてしまう傾向にあるように思います。

数字だけが頭に残って他の注意点は忘れてしまったり
思わぬ誤解が生じていたりして、
取り返しのつかない失敗をすることに繋がりかねません。

様々な状態に育つ植物を相手にしているのに、
画一的な説明をするというのは無理があるのです。

ご自分が育てている植物をよく観察して
できれば仲良くなっていただきたいという希望もあります。
植物は単なるモノではなく、ちゃんと生きていて
言ってみれば家族のような存在だと思っています。

ですので私はその都度、その方の家族の一員であるバラを見ながら
このバラの場合はこうです、と説明させていただくことにしています。

ブログを読んでくださっている読者の皆様には
ぼんやりした説明で分かりにくく申し訳ありません。

状態を見ずに説明するとなると、
当たり障りのない一般論になってしまうということを
ご理解いただければ幸いに存じます。

その他の作業については、カイガラムシ対策や寒肥など
12月からの作業で終わっていないものがあれば
していただくと良いかと思います。

まとめると。
◇ブッシュタイプ(株立ち)のバラの冬剪定
◇やり残している冬作業の総仕上げ

そんなところです。
みなさま、楽しい春をお過ごしくださいね!

更新を通知する



by weekendsladybird | 2019-02-21 21:12 | Comments(0)

1月の薔薇の作業

皆様、薔薇の冬作業は順調に進んでいるでしょうか。

今月も、先月に引き続いてつるバラの剪定と誘引の適期です。
剪定が終わったら、カイガラムシを落として施肥をしましょう。
鉢で育てている場合は、植え替えも適期です。

この時期の肥料は、液肥ではなく固形タイプの物をやります。
品物によって効く長さ(期間)が違いますから、
お手持ちの肥料の特徴を確認して施肥してくださいね。

地植えのバラの移植をしたい場合や、新しい苗の植え込みも
バラがおやすみモードの冬に行うとダメージが少ないです。

この赤い実は、ラベンダー・ドリームです。
大きさも程々でとても艷やか。
色も濃くなり、とても可愛いです^^
c0140714_15301909.jpg

さて。
バラ剪定のやり方というのは、人によって本当にそれぞれだなぁと思います。
これこそが正しいやり方です!というような
画一的なものではありません。

お客さまに説明しながら作業することもあるのですが、
「古い枝、新しい枝」とか「動きそうな良い芽」などと言っても
表現の仕方があいまいですし、ピンときていなさそうだな、
と思うこともしばしばです(´・ω・`)

ご自分の中に比べる基準がないと、新しいのか古いのか
判断できない、ということがあるのだと思います。

バラの冬剪定では、新しい枝というのは
前年の春以降に伸びた枝のことを指します。
今は2019年の1月ですから、2018年の春以降に伸びた枝です。
(12月に剪定するのなら、その年の春以降)

その新しい枝の一番枝(いちばんし)で毎年冬に切るようにすると、
全体の姿がヒョロヒョロとせず、整っていくのが分かると思います。

一番枝というのは、春一番最初に花を付けた枝のことです。
花殻を摘んで、次に咲くのは二番花で、その枝は二番枝と言います。
先に伸びるにしたがって、枝は細くなっていきます。

充実した一番枝が出ていれば、その枝にいい芽があるはずですから
一番枝のどこかで切れば、まぁ大丈夫という感じです。

ちなみに「古い枝を取り除く」というのもよく聞くと思います。
何年目からが古いということになるのか??等の
ご質問を受けますが、厳密な決まりはありません。

株全体の枝の本数や健康状態、
その枝が勢いのある脇枝を出せているかなど
総合的に判断していただくのがよろしいかと思います。
くたびれてしまった枝は、お役御免で感謝とともに剪定します。

問題なのは、全体的にシュートも何も出ていない場合です。
枯れてはいないけど、その株は「活発に動いていない」状態です。

株が若いのにシュートが全く出ないのは
何かが足りていないということですので、
今後の管理方法を改める必要があります

全部の枝がくたびれている状態のときは
たとえ小枝だろうが、極小の葉だろうが、休眠する時期だろうが
とにかく光合成をさせるため、取らずに残します。

枝が混み過ぎて、風通しが極端に悪い場合に限っては
ある程度、枝を抜いてもいいでしょう。

まとめると。

◇つるバラ(大きめシュラブ含む)の剪定と誘引
◇寒肥の施肥
◇鉢植えの植え替え
◇カイガラムシ落とし
◇移植や苗の植え込み

そんなところです。


by weekendsladybird | 2019-01-17 21:28 | Comments(0)

バラへの石灰硫黄合剤の散布、今はもうしていません

このブログでは、バラ専門のガーデナーとして
バラに関することを少しずつ書いてきました。
試行錯誤しながらバラを育てている方の
参考になることがあればいいな、という気持ちからです。

冬になると、決まってアクセスが増えるものがあります。
それは、石灰硫黄合剤の記事です。

これを書いたのは2008年ですから、もう11年も前になります。
今どうしているかというと、もう何年も石灰硫黄合剤は使っていません

えぇっ?!そうなの???
という声が聞こえてきそうですが(笑)

記事を書いてからそれほど経たない頃、
石灰硫黄合剤の少量ボトルが販売されなくなったのです。

先程検索してみましたが、今も10㍑入り、18㍑入り等、
大量に使う人向けのものはありますが
以前売られていたた500mlのものはありませんでした。

わたしたちは10年ほど前に、手持ちの在庫が無くなってから
大箱しかなくなったこの薬を買うことはしなかったのです。
c0140714_16313198.jpg
石灰硫黄合剤は強アルカリ性の薬剤です。
葉があるうちは薬害が出ますので散布できませんが、
葉のない時期に撒いて、病原菌などが越冬するのを防ぎます。

使用を止めたすぐあとは、春の病気が大発生するのではないかと
少し心配しましたが、結果はそれほどではありませんでした。

バラを育てる環境に配慮し、元気に育つよう心がける。
まめに観察し、病気が出そうなときは早めに対処する。
そこに注力すれば、病気の大発生は防げます。

それらは、普段から常にしていることです。

石灰硫黄合剤やマシン油など、
冬には散布が必須と言われていた薬を使わなくても

「なんだ、撒かなくても対処できるじゃん」と思いました。

それに気付いてから、頭を切り替えたのです。
”バラ栽培=薬散が必須”という、それまで自分が思っていた
常識のようなものに囚われるのを止めました。

そのやり方は、そのように育てたい人に任せておけばいいのです。
漫然と薬を散布するのは、得策ではありません。

***************************

この10年の間に、世の中の流れも変わってきたと思います。
最近は、バラを育てていても「出来るだけ農薬は使いたくない」と
おっしゃる方が増えました。

薬を撒いてくださいという強いご要望があったり、
これは薬が必要だなと判断したときは、今でも薬散しています。

それでも撒く時期は、春から梅雨のあたりまで
カミキリムシは例外として、この時期以外には
よっぽどのことがなければ、薬は使わないようになっています。

ご自分のバラをどのように育てるか。
それは、ご自身が良いと思うようにしてくだされば
それでいいと思います。

ご参考までに、現状私達がどのようにしているか
ご紹介いたしました。



by weekendsladybird | 2019-01-11 17:36 | Comments(0)

12月の薔薇の作業

2018年の12月は、気温の変化が大きかったのが
特徴の一つだと思います。

上旬には夏日を記録するほどの暑さで、
東京近郊では最高気温24℃にもなりました。
その数日後には急激に冷え、最高気温9℃なんていう日も。

花木も調子が狂ったのか、道路脇の緑地帯に植わっている
ヤマボウシが満開に花を咲かせていたりして驚きました。
12月にヤマボウシが咲くなんて!😳

c0140714_19260314.jpg
さて、12月の作業です。

12月から1月にかけては、つるバラの剪定の適期です。
もうあまり芽吹かなくなった古い枝をカットし、若い枝と入れ替えます。
剪定を終えた株には、寒肥をやりましょう。

私達は枝を結びつけるのに、天然素材の紐を使っています。
主に麻ひも、麻縄、シュロ縄の三種類を使い分けています。

これらの紐は耐久性という点ではそれほど強くありませんが、
ほぼほぼ一年くらいは大丈夫。
バラにとっても結びつける物にとっても、優しいのが良い点です。

そして、誘引し直すときに切りやすいのも魅力。
ワイヤーを使うと、ねじり直したりペンチに持ち替えたりするのが
とても面倒で、作業効率が悪いのです。

基本的に昨年誘引した紐は、全て外します
そうしないと枝の入れ替えがしにくいですし、
成長して枝が太くなっているのに、細いときに縛ったままの状態では
きつくてコブが出来てしまったりします。

それから、つるバラを上手に這わせるには伸ばし急がないことも大切です。
バラの苗を植えて、大きなアーチやパーゴラを覆うようになるには
早い品種でも3年、成長具合によっては5年以上かかることもよくあります。

長い枝をそのまま伸ばして、とりあえずの高さを稼ぐことよりも
下の方からも脇枝を出させるように心がけるのがオススメです。
そうすると大株になったときに、より見事です。

また、長く伸びる品種だと5mを優に超えるものもありますが、
伸びるからといって、ただただ伸ばしてしまうのもよくありません。

剪定をほとんどせずに、何年も先へ先へ伸ばしていくと
古くなった元の方からは、芽が出なくなってきます。
シュートも出ず、枝先にしか花も葉もなくなってからでは
(こういう状態は、バラが弱っている可能性大)
回復させるのにとても時間がかかります。

バラを長生きさせるコツは、枝を更新させることです。
花を楽しむためにも、新しい枝を出させるのがとても大切ですので、
ぜひ心に留めておいていただければと思います。

そしてもうひとつ、よくある勘違いのお話を。
剪定することが刺激となって、新しい枝をうながすことに繋がるのですが
だからといって、とにかく切れば良いわけではない、ということです。

先述のように、伸ばしすぎたつるバラの場合、
いきなりバチバチ剪定してしまっては、余計に弱ります。
品種の特性も把握していないといけません。
ただ闇雲に切るだけではいけないのです。

株立ちのバラでも、弱っているのに強剪定すると
芽を吹かせる力もないまま、枯れてしまうことも。

剪定によって新しい枝を出せるのは、
その株の健康状態がよく、体力があればこそなのです。

テレビの園芸番組を見ていたら、出演者のMくんが
「バラの剪定というと、ガツンと切って
ブワッと出させるというイメージです」
とコメントしていました。

そういうイメージを持たれている方、本当にとても多いです;

「元気がないから剪定して枝を出させよう」とか
「うどんこ病がひどい枝は一旦すべて切って、新しい枝と入れ替えよう」
というのは、程度にもよりますが、あまりよろしくないということです。

剪定をしてスッキリしたら、カイガラムシを落としておくのも忘れずに。

まとめると。
◇つるバラの剪定
◇寒肥の施肥
◇カイガラムシ落とし


みなさまの大切なバラが、元気に育つ助けとなりますように。


by weekendsladybird | 2018-12-28 19:21 | Comments(0)

花が咲いていても、適期を逃さず冬剪定をしましょう

12月なのに、先週は20℃を超える気温でしたが
今週はずいぶん冷え込んで、今日の最高気温は8℃前後でした。

冬剪定の作業は、ほぼほぼ順調に進んでいます。
咲いている花は、お部屋で切り花として楽しんで頂いています。
一時的にバケツに入れたバラたち。
まだまだ咲いています。
c0140714_21252886.jpg
今年の秋の花は、とても良く咲いたところが多かったようです。
春と見紛うほどの姿を見せてくれていることも!^^

剪定適期の今もまだ、蕾を上げている株も多くあります。

寒くなって薔薇が休眠してから剪定作業をする、
というのが従来の基本ルールでしたが、
最近はなかなかそうも行かないことが多くなりました。

いつ切ろういつ切ろうと、花が終わるのを待っているうちに
とうとう休眠せずに春になってしまった、なんていうことも。

バラが休眠していなくても、時期が来たら
タイミングを逃さず作業するのが望ましいと思います。

その方が、本格的に芽が動き始めてから剪定するよりも
バラにとって負担が少ないからです。

表面的には分かりにくいかもしれませんが、
植物には生育のモードのようなものがあります。

真冬に向かって、休眠に向かう体制になっている時期というのは
たとえ地上部が休眠していなくても、「そろそろ寝ようかな~」という感じです。

ところが春になって気温が高くなると、活動開始のスイッチが入っていますので
そこで剪定してしまっては、出鼻を挫くことになるのです。

ですので、剪定時期の見極めは、
休眠したかどうかではなく、季節で決めることをオススメいたします。
ご参考までに。



by weekendsladybird | 2018-12-11 21:52 | Comments(0)

11月の薔薇の作業

11月も半ばを過ぎ、コートを着ている人の姿を見かけるようになりました。
今年はお庭のバラも順調に咲いたところが多いのではないでしょうか。
c0140714_19283435.jpg
さて、11月のバラの作業についてお話します。
秋のお花が一通り咲き終わった鉢植えは、
植え替えを始めてもいいでしょう

バラの植え替えは、できれば毎年するのが理想です。
土を栄養たっぷりな新しいものに取り替えて
詰まった根の整理をします。
コガネムシの幼虫やアリの巣などがないか、よくチェックしてください。

根の張り具合によって、鉢の大きさを変えます。
鉢は置く場所や見た目の都合ではなく、バラに合わせてあげられるといいですね。

株立ちのバラの剪定は2月が適期とされていますが、
根を切ったら、枝も同時にハサミを入れましょう。

地植えのバラは、関東では一部落葉が始まったところです。
病原菌が付いた葉をバラの近くに残したくないので、
落葉した葉は出来るだけ取り除いておきます

土壌を改良したいときは、堆肥や腐葉土などの有機物を
寒さよけのマルチングを兼ねて、株元に敷き込みます。

このとき、バラの株元が埋まってしまわないよう気を付けます。
そして株元を裏側までよくチェックし、
カミキリムシの木くずが出ている場合は
忘れずに対処してください。

人によっては、マルチングの有機物が虫を呼ぶからと
嫌がる方もいるようです。
そのあたりはお好みで構わないと思います。

土壌改良したい方は有機物を入れ、
虫が嫌な方はそちらを優先してください。

フェンスやアーチの修理・取り替えが必要な場合は
この時期にしておくと冬の作業に支障が出ません。
早めに準備しておきましょう。

新しくバラを購入したい場合。
大苗が店頭に並ぶのはもう少し先ですが、
ほしい品種があったり、ネットで購入する場合、
前もって予約する必要があることも。

受注分だけ生産という品種もありますので、
取り扱い業者に確認して、早めの手配をオススメいたします。

まとめると。
◇鉢バラの植え替え開始
◇枯れ葉の整理、株元チェック
◇土壌改良・マルチング
◇フェンス、アーチの修理・取り替え
◇バラ苗の予約・購入手配

そんなところです。


by weekendsladybird | 2018-11-20 20:20 | Comments(0)

10月の薔薇の作業

秋本番という感じで、爽やかな秋晴れが続いています。

今年は大きな台風が来ましたが、
まずまず順調に秋のバラが開花しているようです。

c0140714_12461034.jpg
Eyes for you

10月のバラの作業です。

一季咲きで実を残したものは、実が赤く色付いてきます。
頃合いを見て摘み取り、リースなどに利用すると可愛いですね。

ずっと枝に付けたままにしておくと
種が熟してシワが入り、黒っぽくなります。
実を楽しみたい場合でも、バラへの負担を軽減するために
きれいな色のうちに摘み取っておきましょう。


暑かった夏を乗り越え、新しい枝に後を託し
古い枝が枯れてくることがあります。
太い枝が枯れてしまって驚く方もいますが、
世代交代の場合は、心配することはありません。

枯れ枝を取り除くと、スイッチが切り替わるように
新しい枝が動くこともありますので
見つけたら随時切り取り、整理するようにしましょう。


そして。
新梢の動き具合をみて、足りていないようであれば
少量追肥します。これは四季咲きの品種だけでいいでしょう。

新しく伸びてきた枝に、アブラムシやバラゾウムシが付くことがあります。
特に多肥で育てている場合、虫の被害が目立つように思います。

適切な肥料の加減というのは、品種やバラの健康度によっても異なります。
肥料によって、効く期間や成分量も違います。
地植えなのか鉢植えなのかでも変わってきます。

ですので、ご自分のバラをよく見ていただき、
育てながら慣れていくのがいいと思います。


バラは肥料が好きとよく本などに書いてありますので
最初はじゃんじゃん与える方も多く見られます。

しかし多肥は良くないと知ると、今度は控えすぎてしまい
肥料切れを起こしてしまうこともしばしば。

どういう状態が適切なのか?
多すぎと肥料切れの見極め方は?

大体の目安は、葉の色や枝の動きで判斷します。
葉の色がどうやらおかしい。
マッチ棒のような細い枝しか出てこない。

様々な原因が考えられますが、この二点は
バラに何かしらの事態が起きている合図です。

葉ばかり茂って蕾が付かないときは
窒素肥料が多いことも考えられます。
(虫の被害や気温による障害ということもあります)

多少の肥料の加減でバラが枯れてしまうということは
あまりありませんが、適切な管理をすれば
元気に育つのですから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


まとめると。
◇実をつけたものは適当なところで摘み取る
◇枯れ枝の整理
◇秋の新梢に付く虫について対策と考察
◇適切な肥料管理

そんなところです。

by weekendsladybird | 2018-10-29 14:12 | Comments(0)

9月の薔薇の作業

9月に入ってから、雨が多いですね。
恵みの雨。
暑さでジリジリする夏が終わり、
植物は喜んでいるでしょうか。
こうも雨が続くと、日照不足が気になるところです。

バラにとっても今夏は厳しかったようで
葉が黄色くなったり、枯れ枝が目立つものが多いようですね;
c0140714_23161882.jpg
さて、9月の作業は。

上旬までに夏剪定をするものは済ませておきましょう。

そして、7月の作業にも書きましたが、
夏に伸びたシュートが折れないよう、緩く結わえておきましょう。
これは台風対策としても役立ちます。

伸びた枝をを仮留めするついでに。
麻紐など、ちぎれやすい素材の紐を使っている場合は
古くなった紐を取り替えるか、補強しておくと更に安心ですね。

そろそろまた虫が活動を開始しますので、虫対策も忘れずに。
夏の間、アリがせっせとカイガラムシを運んで、
繁殖させていることもあります。
葉裏や枝の後ろ側もチェックしてください。

また、バラの株元が植物で覆われていたりすると
カミキリムシの被害を見つけにくく、手遅れになりがちです。
特に夏は、あれこれ草も伸びてワサワサしますし。

人の目が届きにくいところは、虫も安心するのか
被害が確実に増加しますので、
株元はスッキリさせておきましょう

特に見た目を重視される方は、これがなかなか出来ないようです。
下の方のゴツゴツした枝が美しくないから隠したいとか
英国の庭のように、バラと草花をくっつけて植栽したい等々、
いろんなご要望がありますよね。

ここでどうするか、選択肢は多くありません。

もしバラが枯れたら新しいのをまた植えるからいいわ、
それよりお庭の景色を思うようにデザインしたい
ということであれば、構わないのです。

病気になったり虫が付いたら、薬をバンバン撒くからいいの。とか
毎日欠かさず株元をかき分けて、虫や病気のチェックをするわ!
というお手入れ熱心な方も、どうぞお好きなように^^

でもそうでなければ、お勧めはスッキリさせることです。
株元スッキリは、風通しや日当たりを良くしますので
病気を軽減し、新しいシュートの発生を促すことにも繋がります。

まぁ、ご自身のバラですからね、
管理方法は、ご自分がどうしたいかで決めるのがいいと思います。

そして。
四季咲きのバラは、肥効のチェックをしましょう。
肥効というのは、肥料が作物の生育に与える効果のことです。

6月以降に既に追肥しているときは、
高温下で吸収できなかった肥料成分が土に残っていて
涼しくなって一気に吸ってしまうこともあります。
そういった場合は、改めて追肥をする必要はありません。

気温が下がってきたのにバラが生育再開する気配が無ければ
秋の花のための追肥をしましょう。

まとめると。
◇上旬までに夏剪定
◇シュートの仮留め&台風対策
◇虫対策
◇株元スッキリ&除草
◇肥効のチェック(主に四季咲きのバラ)

そんなところです。


by weekendsladybird | 2018-09-22 00:22 | Comments(0)

8月の薔薇の作業

皆さま、お盆休みは如何でしたか?
最近は風が爽やかで、8月としては過ごしやすいような感じがします。
c0140714_14474486.jpg
*画像は作業場所とは関係ありません

夏のバラ。
葉を落とさずに元気でいるでしょうか。
ここで弱らせると、来春にも影響しますので
熱中症に気をつけてお手入れに取り組んでください。

バラの生育適温は、だいたい20℃~25℃くらいと言われています。
人が過ごしやすい気温と同じくらいですね。

真夏は30℃に達する日がほとんどですので、
いくら陽の光が大好きなバラと言えども
毎日カンカン照りの暑さにさらされると、夏バテをしたりするわけです。
自分で涼しいところに移動したり出来ませんしね^^

よく観察すると、新しい枝葉を出しているバラと
殆ど動きのないバラがあるのがわかると思います。
枝が動いていれば、まずまず元気。
動きが止まっていれば、暑がっている可能性大です。

植え場所や品種によっても状態は異なりますので、
ご自分のバラの様子をよく見てあげてくださいね。

夏バテ対策としては、液体の活力剤の利用をオススメしています。
活力剤は肥料と違って、肥料焼けの心配がありません。
人も体調の悪いときはお粥を食べるのと同じような感じで、
優しく生長をサポートしてくれます。

バラは自分で「今は休んだほうがいい」という判断をし
生長を止めているのですから、それを無理やりたたき起こすのは
どこぞの運動部のスパルタ指導のよう・・・😭

オラオラ~!そこのお前、なに休んどるんじゃい~!!
バシーン!(棒で地面を叩く音)みたいな。

いくら秋にきれいな花を見たいからといって
こういう状態のバラに、早く動けと肥料をやってしまうのは
優しくないよなぁー、と思ってしまうのです。

こんな時のためにも、冬の寒肥がとても大事になってくるのですね。
冬に適量をしっかりやって、肥料切れを起こさない。
そうすれば、バラの自由に任せることが出来るのです。

そのあたりをどうするかは、それぞれのご判断にお任せしたいと思います。

さてそして。
病気で葉を落としてしまった場合。
高温期に薬を撒くと、薬害が出やすいので気を付けてください。
私はこの時期、薬は使いません。

薬で病気を抑え込むのではなく、
バラが元気に育つような環境を整えることに注力します。
病気の場合も、夏であれば肥料はやりません。

肥料切れしている場合に限り、規定量よりもっと薄めた
液肥をやることもあります。うすーーいやつ。

病気の葉は、ふるって落ちるものだけ落とします。
枝にしっかり付いていれば、むしることはしません。
これは、できるだけ葉を残し
光合成をさせて回復を早めるためです。
バラが自分で要らないと判断した葉だけを落とす、ということです。

株元に落ちた葉もきれいに取り除きます。

ウメスカシクロバが発生する時期ですので、
小さな毛虫を見つけたら、早めに対処をしてください。


夏剪定については、過去記事を参考にやってみてください。


まとめると
◇夏バテの対処
◇葉を落としてしまった場合の対処
◇虫対策
◇夏剪定


そんなところです。



by weekendsladybird | 2018-08-19 14:49 | Comments(0)