<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

10月の薔薇の作業

秋本番という感じで、爽やかな秋晴れが続いています。

今年は大きな台風が来ましたが、
まずまず順調に秋のバラが開花しているようです。

c0140714_12461034.jpg
Eyes for you

10月のバラの作業です。

一季咲きで実を残したものは、実が赤く色付いてきます。
頃合いを見て摘み取り、リースなどに利用すると可愛いですね。

ずっと枝に付けたままにしておくと
種が熟してシワが入り、黒っぽくなります。
実を楽しみたい場合でも、バラへの負担を軽減するために
きれいな色のうちに摘み取っておきましょう。


暑かった夏を乗り越え、新しい枝に後を託し
古い枝が枯れてくることがあります。
太い枝が枯れてしまって驚く方もいますが、
世代交代の場合は、心配することはありません。

枯れ枝を取り除くと、スイッチが切り替わるように
新しい枝が動くこともありますので
見つけたら随時切り取り、整理するようにしましょう。


そして。
新梢の動き具合をみて、足りていないようであれば
少量追肥します。これは四季咲きの品種だけでいいでしょう。

新しく伸びてきた枝に、アブラムシやバラゾウムシが付くことがあります。
特に多肥で育てている場合、虫の被害が目立つように思います。

適切な肥料の加減というのは、品種やバラの健康度によっても異なります。
肥料によって、効く期間や成分量も違います。
地植えなのか鉢植えなのかでも変わってきます。

ですので、ご自分のバラをよく見ていただき、
育てながら慣れていくのがいいと思います。


バラは肥料が好きとよく本などに書いてありますので
最初はじゃんじゃん与える方も多く見られます。

しかし多肥は良くないと知ると、今度は控えすぎてしまい
肥料切れを起こしてしまうこともしばしば。

どういう状態が適切なのか?
多すぎと肥料切れの見極め方は?

大体の目安は、葉の色や枝の動きで判斷します。
葉の色がどうやらおかしい。
マッチ棒のような細い枝しか出てこない。

様々な原因が考えられますが、この二点は
バラに何かしらの事態が起きている合図です。

葉ばかり茂って蕾が付かないときは
窒素肥料が多いことも考えられます。
(虫の被害や気温による障害ということもあります)

多少の肥料の加減でバラが枯れてしまうということは
あまりありませんが、適切な管理をすれば
元気に育つのですから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


まとめると。
◇実をつけたものは適当なところで摘み取る
◇枯れ枝の整理
◇秋の新梢に付く虫について対策と考察
◇適切な肥料管理

そんなところです。

[PR]
by weekendsladybird | 2018-10-29 14:12 | Comments(0)