<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ベニカ」はネオニコチノイド農薬です

ミツバチを守るために、ネオニコチノイド農薬は使いたくない。
そう思っている方は、ここ数年で増えていると思います。

なのに、日本では使用量が増加しているのは何故か?

検証しているわけではありませんので、想像の域を出ませんが、
わたしなりにその理由を考えてみました。

◇商品に「ネオニコチノイド」と書かれていないので分からない

◇多くの園芸コーナーに置いてあり、手軽に買える

◇すぐに効いて人には害が少ないという謳い文句
(人への害が少ないというのは事実かどうか、疑問の声もあるようです)

◇名前がややこしい
ネオニコチノイドとは、クロロニコチル系の殺虫剤の総称で
その成分はクロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム等があります。
商品名は成分名とは異なり、ベニカ、アドマイヤー、ダントツ等です。

参考までに。

(↑↑↑ 図入りで見やすいです)


c0140714_22420480.jpg
いろんな方が、成分名と商品名を表にしてくれたりしていますが、
何故か、どの表からも抜けている商品名があります。

クロチアニジンが主成分のベニカです。

ベニカはネオニコチノイドですよ~!!

これは印象ですが、一般家庭向けの農薬として
ベニカが一番多く販売されているような気がします。

知らずにベニカを買っている方、多いのではないでしょうか。
ホームセンターなどの園芸コーナーの農薬は
ベニカのオンパレードです(ちょっと言い過ぎ?)。

また、ハイポネックスという肥料に農薬を混ぜた
一石二鳥的な商品もありますが、これに使用されている
ジノテフランという薬も、ネオニコチノイドです。


アインシュタインは、ミツバチがいなくなると
人類は4年以内に滅びると言ったそうです。
食べ物が出来なくなるからです。

養蜂家の船橋さんは、このままいくとミツバチは
あと10年ほどしか持たないのではないかと言っています。


便利さや商品の見た目に惑わされて、知らず知らずのうちに
食糧危機をまねかないよう、皆で気を付けたいですね。


[PR]
by weekendsladybird | 2018-09-25 22:53 | Comments(0)

9月の薔薇の作業

9月に入ってから、雨が多いですね。
恵みの雨。
暑さでジリジリする夏が終わり、
植物は喜んでいるでしょうか。
こうも雨が続くと、日照不足が気になるところです。

バラにとっても今夏は厳しかったようで
葉が黄色くなったり、枯れ枝が目立つものが多いようですね;
c0140714_23161882.jpg
さて、9月の作業は。

上旬までに夏剪定をするものは済ませておきましょう。

そして、7月の作業にも書きましたが、
夏に伸びたシュートが折れないよう、緩く結わえておきましょう。
これは台風対策としても役立ちます。

伸びた枝をを仮留めするついでに。
麻紐など、ちぎれやすい素材の紐を使っている場合は
古くなった紐を取り替えるか、補強しておくと更に安心ですね。

そろそろまた虫が活動を開始しますので、虫対策も忘れずに。
夏の間、アリがせっせとカイガラムシを運んで、
繁殖させていることもあります。
葉裏や枝の後ろ側もチェックしてください。

また、バラの株元が植物で覆われていたりすると
カミキリムシの被害を見つけにくく、手遅れになりがちです。
特に夏は、あれこれ草も伸びてワサワサしますし。

人の目が届きにくいところは、虫も安心するのか
被害が確実に増加しますので、
株元はスッキリさせておきましょう

特に見た目を重視される方は、これがなかなか出来ないようです。
下の方のゴツゴツした枝が美しくないから隠したいとか
英国の庭のように、バラと草花をくっつけて植栽したい等々、
いろんなご要望がありますよね。

ここでどうするか、選択肢は多くありません。

もしバラが枯れたら新しいのをまた植えるからいいわ、
それよりお庭の景色を思うようにデザインしたい
ということであれば、構わないのです。

病気になったり虫が付いたら、薬をバンバン撒くからいいの。とか
毎日欠かさず株元をかき分けて、虫や病気のチェックをするわ!
というお手入れ熱心な方も、どうぞお好きなように^^

でもそうでなければ、お勧めはスッキリさせることです。
株元スッキリは、風通しや日当たりを良くしますので
病気を軽減し、新しいシュートの発生を促すことにも繋がります。

まぁ、ご自身のバラですからね、
管理方法は、ご自分がどうしたいかで決めるのがいいと思います。

そして。
四季咲きのバラは、肥効のチェックをしましょう。
肥効というのは、肥料が作物の生育に与える効果のことです。

6月以降に既に追肥しているときは、
高温下で吸収できなかった肥料成分が土に残っていて
涼しくなって一気に吸ってしまうこともあります。
そういった場合は、改めて追肥をする必要はありません。

気温が下がってきたのにバラが生育再開する気配が無ければ
秋の花のための追肥をしましょう。

まとめると。
◇上旬までに夏剪定
◇シュートの仮留め&台風対策
◇虫対策
◇株元スッキリ&除草
◇肥効のチェック(主に四季咲きのバラ)

そんなところです。


[PR]
by weekendsladybird | 2018-09-22 00:22 | Comments(0)