<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バラの足元にも春の彩り

今日のお庭は、樹木と季節の草花の中で
バラを一緒に楽しんでいらっしゃるお庭です。

バラの芽吹きの緑と花木の蕾、
そして既にバラの足元にはかわいい春の花が彩りを添えています。

バラの足元に色々草花を植えていますが
何れもバラの風通しなどを遮る事なく
仲良く成長するものを選んで植えています。
c0140714_23111670.jpg
イングリッシュデージー、アブラナ科の白い花に
ベロニカ オックスフォードブルー。

デージーはこぼれ種であちこちに飛んでは、
毎年一番乗りで庭に春を運んでくれます。
グランドカバーとして雑草よけにもなっている優れものです。

ベロニカは何と言っても、深いブルーが一斉に咲いた時が嬉しい
丈夫な多年草です。
ちょっと茎を土に伏せておいたり、
株分けも簡単にできるのであちこちに植えるにはもってこい。
デージーとも同時に咲いて雰囲気も良く合います。

c0140714_23104837.jpg
ベロニカとオレガノの黄色葉種。
ブルーとイエローの組み合わせ。
この上無く好きな二色のコンビネーション。

春の新芽は特にイエローが際立ちます。
オレガノも株分けが簡単なので、広がり過ぎるまえに整理しやすい植物です。

c0140714_2310553.jpg
ベロニカと紫葉のゲラニウム。
ここでもブルーが際立ちます。
ゲラニウムは、基本的に暑さや蒸れを避けたい植物ですが、
種類によっては暑い夏も越して毎年でてきてくれます。

この紫葉のゲラニウムは
昨年植えて、夏もなんとかがんばってくれました。
暑さ寒さを超えて出てきた葉は昨年より逞しく見えます。
花はバラの開花と同時期なので暫し葉を楽しみましょう。

c0140714_23102938.jpg
こちらもこの時期の楽しみ!アネモネです。
結構毎年出てきてくれるんです。
花は勿論、切れ込みの多い葉も庭のアクセントに。

この一角には小さなピンク花のゲラニウム ビルウォーリスも。
ゲラニウムの中では丈夫な方で毎年出てきて
優しい雰囲気のコーナーに寄り添います。

前回も少し触れましたが…
バラの近くに植物を植える際には、
冬の元肥やりで土を掘ったりスコップを差し込んだり、
という作業を気にせずできる植物だとお手入れがしやすいです。

株元を見えるようにしておくと、カミキリムシも入りにくくなります。

また、株どうしの間隔を充分取り、
増え過ぎたものは間引いたり株分けをしたり、ボリュームを調整すると
バラと草花がお互いうまく成長してバランスよく楽しめますよ。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2013-04-04 23:23 | Comments(0)