<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋から冬へ

朝晩の空気が徐々に冷たく感じるようになり、日暮れも早くなってきました。
セーターを引っ張りだして、首にぐるぐる巻きものをして。
そんな季節の11月は、冬作業の前段階として
本格的な剪定作業に入る前のあれこれ…やるべきことが目白押しです。
それが終わるといよいよ冬の作業開始です。
今年もみなさんのお庭で、元気に成長したバラたちに再開できるといいなと
思いを巡らせています。
c0140714_19342884.jpg

肥料や資材もチェック、道具類も改めて確認。
麻紐を手のひらサイズの玉状にくるくると巻いて準備です。

庭ではまだもうすこし秋のバラが楽しめそうです。
枯葉の落ちた庭に花びらもはらり。
c0140714_19344594.jpg

冷たい空気の中でしっとりと咲くバラがまた違った表情を見せてくれます。
c0140714_19343945.jpg

みなさんも冬へと向かう秋の庭を楽しまれますように。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2012-11-17 19:38 | Comments(0)

冬の作業、ご予約はお早めに

バラの大仕事、冬の剪定・誘引・植え替え作業のご予約を承っています。
既に空きが少なくなってきておりますので、ご希望のお客様は
早めのご検討をお願いしたく、ご案内申し上げます。

来年の2月いっぱいまでの予定が、11月中にほぼ決まってしまいます。
この冬こそ!とお考えの方は、ご連絡お待ちしております ^0^
c0140714_1205773.jpg
取り急ぎ、お知らせまで。
[PR]
by weekendsladybird | 2012-11-08 01:22 | Comments(0)

オールドローズ好きのOld Roses

c0140714_12431573.jpg
この写真はオールドローズの聖地、フランス ライ・レ・ローズで販売されていたオールドローズのポスターです。

今年もバラ苗のシーズンがやってきました。
カタログなどを眺めながら、品種選びをするのが楽しい季節となりましたね。

すでにお手元で愛読されている方も多いかと思いますが
毎年秋に発売される「New Roses」より一足早く、
別冊として「オールドローズ好きのOld Roses」という
読み応えのある一冊が刊行されています。
(ライフログにupしたのでチェックしてみてくださいね~)

今回はこちらをご紹介。
お庭に素敵なオールドローズを、と思いつつどの品種にするか迷われている方に、
また、オールドローズをもっと知りたいという方にもお勧めです!

特に興味深かったのは、育種家ごとに品種が紹介されたページ。
育種家の特徴が分かり、それぞれの育種家がどんなバラを作りたかったのかという事に
思いを馳せながら見ることができます。スバラシイ!

カメラマンの今井秀治さんの冒頭の言葉にも大きくうなずいてしまいました。
「同じ作出者だとセレクトされた世界が出来上がっていて、花を作る方向性や
価値観が同じように感じられます。」と。
同感です!

オールドローズの魅力。
それは芽が動き始める時から始まります。
明るいグリーンの新芽、柔らかな葉、蕾を縁取る繊細な萼、
ふわりと開く薫り高い花、秋の実などなど
品種や系統でも異なる魅力が満載です。
c0140714_12444190.jpg
品種名が不明のオールド 葉の質感と花の色が独特。

c0140714_12425463.jpg
ガリカ・ヴェルシコロールとフェンネルなど、宿根草と混植。自然な樹形で馴染んでます。香りもハーブとミックスで。

育てていて特に感じるのは
植物のバラとしての枝ぶりの自由さ、しなやかさ、力強さ、繊細さ。
基本的な樹形や性質によっても違いがありますが
そのものの持つ姿や枝ぶりをあまり無理をさせることなく自然に近い姿で活かせると
成長も良く、よりオールドローズの良さが現れるように感じます。
c0140714_1244963.jpg
ガートルード・ジェキルによる庭園にて
マダム・プランティエ 木の幹に柔らかく誘引し風にゆらゆら。うつくしいー。

バラは花一輪にクローズアップしてその美しさを楽しむこともできますが、
風に揺れる枝ぶりの美しさを見てますと
しなやかな全体の姿にこそバラの魅力があるなあ!と改めて思うのです。
力強くかつ繊細。これこそがバラ、ですね。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2012-11-03 12:55 | Comments(0)