人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

べト病

バラのべト病は、他の病気や薬害を受けた場合などとも症状が似ている場合があり
また、症状が単一ではないのでちょっと分かりにくい病気です。

以下は、農業総覧花卉病害虫診断防除編からの抜粋です。

初発のでかたと被害
 葉、茎、花梗に発生し、ときにがく基部、花弁にも発生する。
 初期の発生は主として若い葉に限られる。
 葉の病斑ははじめ小さな水浸状の斑点であるが、やがて径1cm前後の
 不整形の灰褐色または紫褐色のしみ状となる。
 湿度が高い環境条件では病斑の裏側に白いかびが生えるが
 湿度が不十分なところでは、かびはほとんど認められない。
 病葉は部分的に黄変し、小葉は落葉しやすくなる。
 茎や花梗では、紫褐色または暗褐色の斑点が現れ
 のちに拡大して長さ2cm以上の細長い病斑となる。
                      <長井雄治さん執筆>

***抜粋おわり***

今回は、前述のバラ栽培第一人者の方に見ていただき
べト病と診断された葉の画像をお見せします。
よく目にするべト病は、もっと斑点が黒っぽく
黒点病に似ている感じですが、このケースでは病斑が枯れて茶色くなっています。
3枚とも撮影日は2008年6月17日です。
c0140714_1319149.jpg
葉の裏側の病斑の周りが赤くなっています。病斑自体は茶色。

c0140714_13193465.jpg
全体に斑点が出ています。

c0140714_1319513.jpg
部分的に、葉脈に区切られやや角張った斑紋になっています。

**追記**
ベト病にかかった後、枝にこんな症状が出ることもあります。
当ブログ「病気いろいろ」のカテゴリー内に、これなんだ?という記事があります。
そこに画像があります。そしてその続きで、これなんだ?の疑問が解決しました
という記事に説明がありますので、よかったら併せて覗いてみてくださいね。

以上、ご参考まで。
by weekendsladybird | 2008-06-28 13:44 | Comments(0)

これなんだ?の疑問が解決しました

以前、バラの枝が茶色く膨らみ、表皮が裂けるという症状を書きました。
写真もありますので、興味のある方はコチラを覗いてみてください。
「これなんだ?」という記事です。
そのときは何だか分からず、あちこち聞いてみても
これといった回答が得られなかったのですが。

最近、日本でバラ栽培の第一人者とされている方とお話をする機会があり、
バラの病気について質問したところ。
これはなんと、べト病にかかった後の症状なんだそうです。
この状態になれば、病気の峠は越えていて
芽がやられずに、新しいのが出てくるようであればひとまず大丈夫なようです。

ダメージがもっとひどく、新芽も出せないようだと
その枝はやがて枯れ込むことになってしまいます。
べト病に効果のある薬で殺菌をしなければ、菌は後々まで残って増殖し
隣の株や次に植えた株にもうつってしまいます。
季節によっては、急激に病状が進行し
一晩で葉が全て落ちてしまうこともありますので、厄介な病気です。
のんびり構えているわけには行きません。

梅雨の時期は葉が濡れて多湿ですし、日によっては気温の低いときもあります。
病原菌が好む環境ですので、みなさん予防に努めてくださいね。
by weekendsladybird | 2008-06-28 12:42 | Comments(0)

あなたのお庭です

最近ちょっと、考えてしまう出来事がありました。
みなさんがお庭を造っていく上での基準ってなんだろう?ということです。

作業をするに当たって私たちが一番大切にしているのは、
「ご本人がやりたいように、その方のお好みに合った庭を造る」ということです。
植えるバラの品種や将来のイメージ、どの程度私たちがお手伝いをして
ご本人はどんなことをしたいのか、等々。
イメージがわかない場合は、こちらから提案もいたします。
お好みが途中で変わることも多々ありますので
その都度修正をし、時間をかけて完成を目指します。

バラ専門のガーデナーというのは、かなり特殊だと思います。
宣伝をほとんどしていないので、横のつながりもあります。
お客様同士の口コミでお客様が増え、バラ仲間も広がっています。
仲良し同士、お庭に招待し合ったりして楽しい時間を過ごす・・・
はずなのに。

ご本人は気に入っているのに、他の方がダメ出しをすることがあるのです。
どうしてなんでしょう??まったく感心しません。
「ローズガーデンには、こういう品種を植えなくちゃ」とか
「これに組み合わせるなら、こうするのが普通よ」とか。
普通かどうかなんて、どうでもいいことだと思います。
けしてダメなんかじゃありません。
(今日はなんだか辛口ですよー;)

あれこれ言われて、ご自分のお好みに自信がなくなってしまったのでしょうか。
「こういう色がみなさんお好きで、やるからにはやっぱり素敵って言われたいから」とか
「○○さんが、植え替えろって言うからそうして」とかとか。

ご自分のお庭ですよーーー!

そう思ってしまう気持ちは、すごくよく分かります。
変えてと言われれば、その通りにやります。
でもこれは、人のお庭に口を出す方がよくないと思うのです。
そりゃあ、素敵じゃないと言われるより素敵と言われたほうが嬉しいですよね。
でも、好みと全く違うのに、人に合わせて変えることはないと思います。
自信持っていきましょうよ!

ご自分の好みがまだはっきりしなくて、右も左も分からない~>_<;
という場合は、そう言って下さればOKです。少しずつやっていきましょう。
でも、お好みがあるなら遠慮なく何でも言ってくださいネ。
あなたが落ち着く、あなた好みのお庭を造るお手伝いをいたします。
ご連絡は、weekendsladybird☆excite.co.jp まで!
(お手数ですが、☆をアットマークに変えてください)

あ、もしかして、人からの評価が高い庭っていう好みもあるのかも???(汗;)

c0140714_22314146.jpg
今日のバラは、イングリッシュローズのGentle Hermioneです ^-^
by weekendsladybird | 2008-06-16 23:03 | のんびり薔薇Lifeのススメ | Comments(0)

ゴメンナサイ

なんと・・・!!
信じられないことが起こってしまいました。
我ながら、かなり動揺しています・・・ m-_-m

皆さまからいただいたメールにまったく気付かず、
本日ようやく目を通しました。
返事がない!とお怒りのみなさま、本当に申し訳ありませんでした。
この場をお借りしまして、深くお詫び申し上げます。

受信したときには知らせるように設定していたのですが
機能しておりませんでした。なんということでしょう・・・
とはいえ、定期的なチェックを怠っていたのは私のミス。
今後、このようなことが無いよう気を付けてまいります。

ご連絡をいただいた方には、出来るだけ早くお返事いたしますので
もうしばらくお待ちくださいね。

c0140714_0184241.jpg
Florence Delattre by Guillot
by weekendsladybird | 2008-06-15 00:27 | Comments(0)

花後のシュート

とうとう梅雨に入ってしまいましたー
今日も降ったりやんだりの中、合羽を着ての作業です。

それにしても雨にはやられています。困ったもんです。
せっかく咲きかけた花も、雨に当たって開かず
ひどいと灰色カビ病にやられてボワボワ。
キーッ!となりそう・・・
(ちなみに、本当にイライラしそうな時に、声に出して
キー!と言ってみてください。おかしくて笑ってしまいます)

さて。
今の時期によく聞かれるのが、勢いよく伸びたシュートを
どうしたらいいのか、という質問です。
前にも少し書いたので、コチラを見てね。

★つるバラを伸ばしたい場合は、横に倒さず折れないように結わえておく

★ブッシュタイプの場合は、適当なところでピンチする
のがポイントです。

c0140714_19521046.jpg
記事の内容とは関係ありませんが。
ダマスクのレダです。
by weekendsladybird | 2008-06-05 19:55 | Comments(2)