パークスイエロー

c0140714_12245863.jpg
c0140714_12252557.jpg
c0140714_12255118.jpg

涼しくなって、バラもむくむく新しい枝を伸ばしています。

画像はパークスイエロー(パークス・イエロー・ティ・センテッド・チャイナ)です。

まだ数は少ないですが、いくつか開花しました。

開花の段階やそれぞれの花によって、まるで別の品種のようですね~

ピシッと均一ではないところも、こういう品種の魅力のひとつだと思います。

このバラは、モダンローズが作られるにあたって

とても重要な役割を果たしたバラのひとつです。

それまでヨーロッパのバラは、濃淡こそあれ、ピンクか白しかありませんでしたが

このバラによって黄色いバラが生み出されるようになった訳です。

今ある黄色いバラには、すべてこのバラの血が受け継がれています。

そんなバラが、今も大切に育てられているというのは

とても嬉しいことですね。

一見育てるのがとても難しそうですが、いやはやなんのなんの。

消毒と殺虫をきちんとしていれば、なかなか丈夫です。

多肥で早く大きくしようとせず、土を改良したりして

時間をかけて、しっかりした株を作るようにするといいようです。
[PR]
by weekendsladybird | 2007-10-16 12:18 | Comments(0)
<< イングリッシュローズ新品種 シャンテ・ロゼ・ミサト今期国内... >>