大切なのは愛情です

さて、前回の「とっつきにくいバラ」というお話の続きです。

バラは難しい、といわれるひとつの原因として、
育て方がわからないということがあると思います。

本を見ると、バラの専門家といわれる人たちは、
それぞれいろんなやり方をしています。
「どれが一番いいやり方なのかわからない」という声を、よく耳にします。

思うのですが、「すべてのバラに一番いいやり方」というのは無いのではないでしょうか。
育てている品種、光や土、気温、風通しなどの環境、季節、株の状態、
どのくらいの大きさに育てたいか、花は大きくしたいか、
大きさよりも花数かなど、
何を重視するかによっても適した管理方法は異なります。

それを、限られた紙面ですべて説明するのは難しいと思うのです。
ですので、「基本的にはこうするんだな」
「この人のやり方はこうなんだな」というように、
知識のひとつとして頭に入れておいていただけばよいのではないかと思います。
そうすれば引き出しが増えて、適した作業方法が見えてくると思います。

いいと思った方法を試してみてください。
そして、その後どうなるかよく観察してください。
どうすれば、あなたのバラが喜ぶか。

マニュアルは、あくまでもマニュアルにすぎません。
その通りやってもうまくいかない場合は、
ナゼか?ということを考えてみてください。

きっと、発見があるはずです。




[PR]
by weekendsladybird | 2007-10-05 11:43 | のんびり薔薇Lifeのススメ | Comments(0)
<< ハキリバチ ビギナーの皆様へ >>