「ベニカ」はネオニコチノイド農薬です

ミツバチを守るために、ネオニコチノイド農薬は使いたくない。
そう思っている方は、ここ数年で増えていると思います。

なのに、日本では使用量が増加しているのは何故か?

検証しているわけではありませんので、想像の域を出ませんが、
わたしなりにその理由を考えてみました。

◇商品に「ネオニコチノイド」と書かれていないので分からない

◇多くの園芸コーナーに置いてあり、手軽に買える

◇すぐに効いて人には害が少ないという謳い文句
(人への害が少ないというのは事実かどうか、疑問の声もあるようです)

◇名前がややこしい
ネオニコチノイドとは、クロロニコチル系の殺虫剤の総称で
その成分はクロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム等があります。
商品名は成分名とは異なり、ベニカ、アドマイヤー、ダントツ等です。

参考までに。

(↑↑↑ 図入りで見やすいです)


c0140714_22420480.jpg
いろんな方が、成分名と商品名を表にしてくれたりしていますが、
何故か、どの表からも抜けている商品名があります。

クロチアニジンが主成分のベニカです。

ベニカはネオニコチノイドですよ~!!

これは印象ですが、一般家庭向けの農薬として
ベニカが一番多く販売されているような気がします。

知らずにベニカを買っている方、多いのではないでしょうか。
ホームセンターなどの園芸コーナーの農薬は
ベニカのオンパレードです(ちょっと言い過ぎ?)。

また、ハイポネックスという肥料に農薬を混ぜた
一石二鳥的な商品もありますが、これに使用されている
ジノテフランという薬も、ネオニコチノイドです。


アインシュタインは、ミツバチがいなくなると
人類は4年以内に滅びると言ったそうです。
食べ物が出来なくなるからです。

養蜂家の船橋さんは、このままいくとミツバチは
あと10年ほどしか持たないのではないかと言っています。


便利さや商品の見た目に惑わされて、知らず知らずのうちに
食糧危機をまねかないよう、皆で気を付けたいですね。


by weekendsladybird | 2018-09-25 22:53 | Comments(0)
<< 10月の薔薇の作業 9月の薔薇の作業 >>