4月の薔薇の作業

4月にやっておきたいバラの作業を書いてみたいと思います。

この時期は、ちょっとひんやりした日と初夏のような日が両方ありますね。
春の嵐といわれるように、風が強い日も多いです。

そのため、冬にしっかりと誘引したつもりでも
枝がゆれて動きすぎるところを見つけやすいです。
いつの間にか紐が劣化して、風で切れてしまうこともありますので
この時期にもう一度チェックしましょう。

余談ですが。
私は枝を結ぶとき、ワイヤーは使わず麻紐にしています。
理由は、その方が植物にやさしく、作業効率もいいからです。
古くなれば自然に切れますので、生長に伴って枝に食い込んでしまう心配が少ないですし枝に傷も付きにくいです。

冬に誘引しなおす時、ワイヤーをねじって外すのは時間がかかります。
かと言って、切ってしまうと鋏が傷みますし
いちいちワイヤー用の道具に持ち変えるのも大変面倒です。

しっかり固定できる、ねじるだけなので使いやすい等の理由で
ビニタイやワイヤーを使う方も多いと思いますが、
その場合は、適度なゆるみがあるか、
結び目付近に虫が隠れていないかなど確認し、
何年も結んだままにしないようにしてくださいね。

そして。
虫と病気の対策を忘れずにしましょう。
無農薬、減農薬でバラを育てたい人も、5月に綺麗に花を咲かせたいのであれば、
この時期にほったらかしてはいけません。

バラゾウムシも活発に活動しています。
葉先が枯れてこんな様子になっているところ、見かけると思います。
c0140714_17571785.jpg
これは、葉や茎が柔らかい時に被害を受けやすいのですが、
バラゾウムシが卵を産み付け、その先が枯れてしまった状態です。
卵の産み跡は小さな黒い点になっていますから、
その部分を取り除き、処分しましょう。


株の状態や植わっている場所にもよりますが、
必要なようであれば、薄い活力剤をやってもいいと思います。

目立つ雑草も、種が飛ぶ前に抜くと、あとが楽です。

まとめると、
*枝の誘引チェック
*虫と病気の対策
*必要であれば、極薄い活力剤
*除草

鉢植えのバラやその他の虫に関しては、こちらの過去記事も参考にしてくださいね~





[PR]
by weekendsladybird | 2018-04-11 18:10 | Comments(0)
<< Yさま邸 3月の薔薇の作業 >>