つるアイスバーグ

今年も残すところあと僅かですね。
おかげさまで、私たちは連日つるバラの剪定であちこち走り回っています。
写真は剪定に欠かせない道具たち。
c0140714_22591796.jpg
紐などを切る園芸ばさみ、
剪定ばさみ(園芸の先輩から頂いた京都の菊一文字です)、
カイガラムシを落とすブラシ、
そして麻ひもを巻いた玉ころ。
腰に携えていざ剪定です。

先日はお庭の四方をバラのフェンスで覆われたバラ一杯のお宅で。
大苗を植えて5年目のつるアイスバーグが
今年も冬の花と赤い実をたくさんつけていました。
テーブルセットのあるウッドデッキの上を大きくL字に誘引して
春は見上げるようにして楽しめます。
c0140714_23104236.jpg

ここまで成長しますと、株は充実して樹形もある程度できあがっていますね。
つるアイスバーグは、新しいシュートがどんどん出て更新していくタイプとは異なり
FLアイスバーグと同様、数年たった枝を活かしながら
そこから出る側枝でボリュームを出していくタイプのバラです。

つるアイスバーグというと、秋の花が全く咲かない、と聞かれることがしばしば。
お話を聞いてみると、植えてまだ2~3年とのこと。
でも、大丈夫。
株が成長して年数がたち充実してくると秋あたりからちらほらと返り咲いてくれます。
こういうじっくりタイプのつるバラ、結構ありますね。
じっくり育ててじっくり楽しみましょ。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2012-12-20 23:13 | Comments(0)
<< 今年も一年お世話になりました バラの剪定をするのは、生育を助... >>