人気ブログランキング |

つるバラを誘引するまでは、こんな感じにしておきます

今日は寒かったですね~
朝はモチロンのこと、夕方3時を過ぎると
冷やーっとした空気がひたひたと広がって
あっという間に辺りはキンキンに冷えます。

一人が「早く暖かくならないかなぁ」と気の早いことを言うと
もう一人が「でもさ、暖かくなるとすぐ暑くなるからねぇ」だって・・・
あのー。そこのお二人、最近寒くなってきたばっかりなんですけど? ^^
そんな感じで、楽しいおしゃべりとともに月日は飛ぶように過ぎていきます。

さて。
冬の剪定・誘引作業は、今のところまずまず予定通りに進んでいます。
今日の写真はフェンスに誘引した、つるブラックティです。
c0140714_21324873.jpg
手前に株立ちのバラがあってちょっとわかりにくいのですが。
後ろにあるフェンス沿いの、つるバラ(どれだ?)を見てくださいね。

後ろにある銀杏の木に向かって、勢いのいいシュートが伸びています。
あまりに伸びるので、じゃまになったり全体の形を整えようとしたりして
この枝が切られてしまうことが多々あるのですね~。

庭木などではこういう枝を徒長枝と言い、剪定します。
ですがバラの場合、こういう枝をシュートといって
大事に大事にするのです。

春に花が咲いた後に、ビューンと伸びる枝が出たら
ぶつかったり風にあおられたりして折れないように
なるべく伸びたそのままの状態でゆったり結び付けておきます。

そして、冬になって枝が固く締まったら、少しずつ力を入れて横に倒し
フェンスなどに結わえ付けます。

すると、倒した枝のそれぞれの芽が上に向かって伸び
花芽をたくさん付けるようになります。

バラには頂芽優勢(ちょうがゆうせい)という性質があるので
枝が上を向いていると、上の方にしか花を咲かせられないのですね。
c0140714_21515792.jpg
横に倒したところ。
つるバラの株元にご注目。
一番左の赤みを帯びた枝が、上の写真で伸びていたシュートです。
いい感じに誘引できました。

c0140714_21595084.jpg
この辺りは大きな木が多く、街路樹も見事です。
c0140714_221257.jpg
これからお昼ご飯。
美味しいカレーうどんのお店に行って、温まりました *^0^*
by weekendsladybird | 2011-12-19 22:12 | Comments(0)
<< バラの植え替え 冬薔薇 ふゆそうび >>