冬薔薇 ふゆそうび

冬に咲くバラのことを、冬薔薇といいます。
ふゆそうび(または、ふゆしょうび)と読みます。

衣のかさねの色目で、表が紅で裏が紫のものも薔薇というそうです。
まさに赤から赤紫色のバラの色を表していますね。

この時期のバラは寒さに当たって赤みを増し、とても美しいのです。
春の花とは別物のよう。
c0140714_22524717.jpg
これはアイスバーグ。開きかけの姿の、かわいいことといったら!
パパッと束ねただけなのに、ちょっとしたウェディングブーケみたいです^^

c0140714_2253041.jpg
そしてこちらはコーネリア。
春はもう少しオレンジ色がかってアプリコットという印象ですが、
冬には違った表情を見せてくれます。
はっきりしたピンクと淡いピンクのグラデーションで
かわいくてちょっと気の強いお嬢様のよう?!

c0140714_2335153.jpg
やわらかく枝垂れた野いばらの実。
風に揺れて楽しげです。

咲き残った花を、切り花としてお部屋に入れます。
冬の剪定が終わると、お庭もキリリと引き締まります。
[PR]
by weekendsladybird | 2011-12-14 23:11 | Comments(0)
<< つるバラを誘引するまでは、こん... 冬の楽しみ クリスマス編 >>