コマツガーデンに行ってきました

先日、山梨のコマツガーデン 秋のバラフェアへ行ってきました。
c0140714_10254165.jpg
都内は土砂降りでしたが、中央道を走り山を抜けるとそこはまるで別世界。
雨は上がり、山には雲が流れ、これぞ山梨の景色!
(甲府盆地は天候によってはとても雲の動きが激しく、
あらゆる表情の雲が山にかかり、時として見たことのないような
幻想的な雲の景色を堪能できる場所です。)
c0140714_10162287.jpg

今回は、バラ苗専門店「バラの家」の木村卓功さんと後藤みどりさんによる講演会があり
100名ものバラ愛好家の方々が集まり、会場は熱気に満ちていました。
木村さんはご存知の通り、セシルドゥヴォーランジェ、わかな、エレーヌ ジュグラリスなど
魅力的な品種を発表され、育種家としてもご活躍です。

講演会ではそんな木村さんならではの、売り手としての厳しく確かな目と
栽培家としての豊富な経験に基づいた、貴重なお話を伺うことができました。
また、サプライズゲストには大野耕生さんが登場~!
会場が一気に盛り上がりました。

とても印象的だった木村さんの言葉をいくつか。
「どのバラが一番好きかなんて選べません。
どのバラも良いところがあり、好きですから」
木村さんのバラに対する深い思いが感じられますね。

「(交配をするときに意識しているのは)遺伝子の中に隠れている色を引き出すという事」
白く咲く花の中にも、季節や条件によっていつもとは違った色が出る事がありますが、
日々の観察で、小さな変化にも次へ繋がる可能性を見出だし、
交配の狙いを定めていくようです。
そこには、プロとしてのとても冷静な姿勢を感じました。
c0140714_1017217.jpg

最後に、コマツガーデンオリジナルオーダーのバラケーキも楽しむことができ、
ゆったり優雅に過ごしました。まさにバラ尽くしの秋の一日でした。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2011-10-24 10:32 | Comments(0)
<< 秋のグラハムトーマス、キャラミ... バラのお庭 冬のお手入れ予約開... >>