ピエール・ド・ロンサール

c0140714_1911219.jpg
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月らしい、カラッとした冬晴れが続いていますね。
空気がきりっと冷えて気持ちがいいです。
澄み切った青空を見上げると、
よぉ~し、今日も張り切っていくぞぉ~!という気分になります。

今日は、TVで箱根駅伝を見ながら、洗濯三昧です。
普段あんまり洗わない、カーテンなんかの大物も、
ザブザブ洗ってスッキリしました♪
いいお天気に感謝、です。

写真は、今年の年賀状にも使ったものなのですが
フランス某所で撮影した、ピエール・ド・ロンサールです。
1987年、メイアン社作出のバラで
いわずと知れた、大人気の品種ですね。

ある程度切り詰めても咲きますが、
やはりこういう伸び伸びとした姿が、本当に似合うバラです。

年数が経つほどに枝が太く硬く、木のようになります。
シュート、サイドシュートともによく出ますので
小さめに抑えたい場合は、はじめから枝を暴れさせないように
注意する必要があります。
肥料をやりすぎないことも、ポイントのひとつです。


2009年も、バラとともに明け暮れる幸せな一年にしたいです。
みなさまの毎日も、素敵なものとなりますように。
[PR]
by weekendsladybird | 2009-01-03 19:44 | Comments(3)
Commented by nakanokeiichi at 2009-01-13 15:15
教えてください
  肥料のコトですが たとえば 長さ15cmくらいで3cm円筒状の固形肥料(色々混ぜて型に突き固めて作って)を一つの薔薇の肥料として3個ほど埋めておいて 一年それでもたせる というのは 有りなんでしょうか?  非常に手抜きですが・・・
Commented by weekendsladybird at 2009-01-19 20:48
こんにちは~

どんな肥料かにもよりますが、一年もたせることは出来ると思います。
肥効の期間(どれくらいかかって肥料分が溶けていくか)が
肥料の袋に書いてありますので、それを参考に遅効性のものと
早めに効くものを混ぜるといいと思います。

化成肥料は、練り方によってすぐ効くものとゆっくりなのがありますので
注意してくださいね  基本、多肥は厳禁です。

量については、鉢植えなのか地植えなのか、
また、肥料の中身にもよるのでなんとも言えません。
それと、筒状のものより、ちゃんと土に混ぜた方がいいかなぁ。
と、思います。
Commented by nakanokeiichi at 2009-01-25 22:16
肥料の件 今日のブログにUPしました
 どうでしょうか?
<< カイガラムシ シャリファ・アスマ >>