人気ブログランキング |

農薬を過信し過ぎるべからず、の巻

えーと。

まずは何故こんな記事を書こうと思ったのかを
かいつまんでお話します。
それは「薬を撒いたのに、効かない」「状況が改善しない」
というような趣旨の話を耳にするからです。

バラの病気がひどいから薬を撒いたのに、治らない。

虫が大発生してしまい殺虫剤を散布したのに、虫がいなくならない。

まぁ、ご意見ごもっともなんですけどね。
でも、はっきり言ってしまえば。

そんなにすぐにピシャっとは効きませんよー。。。
残念ですけども119.png

殺菌剤をまけば、大抵の有益な菌もいなくなってしまいます。
サポーター激減の中で、バラは病気と向き合っているのですね。

中には薬の効かない耐性菌がいたりします。見えないけど。
使った薬が効くタイプの菌しかいないわけでもない。
薬のかけムラもあるでしょうから、生き延びた病原菌もいるでしょうし。

病気が治まったとしても、一度黒くなったりした葉は元通りにはなりませんので
治った=緑色でつやつやの葉に戻る ではありませんよ、念のため(*´∀`*)

薬が効いたかどうか、バラが回復したかどうかは、
しばらく経たないとわかりません。
人みたいに、体調を話してくれれば分かりやすいんですけどね~

この薬を何回まけば治る、というものではないのです。
c0140714_21231425.jpg
「殺虫剤を撒いたのに、まだ虫がいるのよ?!」

これも、あるあるです・・・
毛虫やカミキリムシ、嫌ですよねぇ。
はい、わたしもですー。

毛虫、大きいと薬が効きにくいです。
葉から落ちるのに、一日以上かかったりすることも。
濃いやつかけても落ちないことも141.png

おそらくですが、毛があるため薬が体に付きにくいのではないかと思います。
チャドクガは割と効きやすいです。
理由は不明。

カミキリムシやゾウムシ。
甲虫なので殻が厚く硬い=薬が浸透しないので、ほぼ効きません。

「新しいベニカは他のより効いたと誰かが言ってた」そうですが、
わたしはベニカは使いません。
ネオニコチノイド系。

オルトラン液剤は、ものすごく頭が痛くなるので私は使えません。
これは有機リン系農薬。
どういう風に作用するか、調べてみるといいかも。
きっと使う気なくなります。
そしてこれも蜂に影響がある薬です。

薬をまいても効きにくい、かつ撒ける薬が少ない。
それでどういう流れになったかと言うと。

虫は出る前に対処。
天敵に協力してもらう。
出てしまったら、出来るだけ捕殺。

結局これが確実だなぁと思う次第です・ω・

# by weekendsladybird | 2019-09-13 22:50 | Comments(0)

強い台風15号による被害にあわれたお客さまへ

この度の台風被害に際し、心よりお見舞いを申し上げます。

いまだ停電や断水が続いている地域もあるようです。
一日も早い復旧をお祈りいたします。
c0140714_21052337.jpg
台風後に、お庭が荒れたのですぐに来てほしいと
ご依頼くださった方もいらっしゃいます。

大変にありがたいことなのですが、
私共は二人で活動しておりまして、他に予備のスタッフもいないため
急なご依頼に対応出来ないことが多々あります。

特に今の時期は、バラの夏剪定の適期で
普段より混み合っている状況です。

スケジュールの空いている日に、ご依頼順に日程調整して
伺わせていただきます。

迅速な対応が出来ず、大変心苦しく思っております。
ご不便をおかけしておりますお客さまに、この場を借りまして
心よりお詫び申し上げます。


# by weekendsladybird | 2019-09-10 21:34 | Comments(0)

草取りの道具たち

今日は草取りに使っている道具をご紹介します。

土手などの下草刈り等、刈払機で広範囲をバーっと刈るというのではなく、
小さめの草を手で細かく抜いていくときに使っている道具です。

個人の方のお庭には、大事に育てている植物がたくさん植わっています。
残したい植物がなるべく傷まないように、その間に生えている
不要な草だけを抜きたいので、このような道具が必要になります。


草を抜くとき、無闇矢鱈に引っ張るのでは
ぶちぶち地上部だけ千切れてしまうということがありますが。
それだと根が残っているので、またすぐに生えてきてしまいます。

一度そのようにすると、根が更にしっかり張ってしまうので
余計に抜きにくくなるという悪循環が起こります。

ですので出来るだけ根っこから抜くようにすると
草取りの回数少なく、お庭をきれいにすることが出来ると思います。

できれば草の種が飛んでしまう前に、そして大きくなりすぎて
抜くのに力がいるようになる前に、片付けてしまいましょう♫
c0140714_14382322.jpg
これはお客様の私物です^^   ↑ ↑ ↑ 
後ろに丸く出っ張っている部分で、テコの原理を利用して抜くタイプ。

c0140714_14383352.jpg
私達が普段使っているものは、こんな感じです。
どれも腰道具と一緒に、作業中持ち歩ける小型のものです。
それぞれどんな草を抜きたいかで使い分けています。

左から。茶色いやつは、刃先にギザギザがついた引っ掛けて抜くタイプ。
レンガの目地など、狭い隙間に生えている草を抜くときに便利です。
地上部を刈り取るためのギザギザではなく、土に刺して引っ掛ける感じに使います。

右隣は草削り用の鎌。
草が生えたてで極小サイズのときは、これで土の表面を撫でるように削ります。
使うのは、他に大事な植物が生えていない場所限定。
こぼれ種で増やしたい植物もあるので、この鎌の出番は少なめ。

その右のは、1枚目の写真の道具と同じように使うもの。
出っ張りは持ち歩きにジャマなので、フラットなタイプを愛用しています。
ブタのヒヅメのような形をしている先の部分を
草の根元を挟むように斜めに土に挿し、土ごと起こします。

一番右のハサミタイプは、芝などの間に生えた草を抜くのに便利。
遠目に見ると芝と似ているスズメノカタビラも、これがあれば
ピンポイントでキャッチできますよー。

メヒシバやコニシキソウなど、放射状に広がる草にもいいです。
中心部分をがっちり掴んで、わーっと抜けたとき
「やったー」感があります(*´∀`*)

芝の上は湿度が高いので、暑い日にしゃがんでの作業は結構大変です。
晴れている日は、熱中症に気をつけてくださいね。



# by weekendsladybird | 2019-08-30 16:08 | Comments(0)

夏の枯れ枝 

バラの枝が枯れてしまったとき。
ちょっとビックリしてしまうかもしれませんが、
なぜ枯れたのか、理由を探してみましょう。
c0140714_00121202.jpg

いくつかよくある例をあげてみます。

177.pngカミキリムシの被害
株元など太めの枝に穴が空いていないか確認します。
よく見える通路側に穴があるとは限りません。
反対側や枝が重なったところもチェックしましょう。

夏で草が繁茂し、株元が覆われていると被害を受けやすいです。
なぜかって?虫が隠れやすいから。
太めのしっかりした枝が狙われます。

どうやったら虫を防げるか、と聞かれますが
こうすれば完璧というオススメの方法はありません。
虫は飛んできますし、彼らにも生活がかかっています109.png

大事に育てているバラが枯れてしまうのは悲しいことですが、
彼らは敵ではないです。

枝の元の方を食べられてしまうと、その上の太い枝が
ごっそり枯れてしまうこともよくあります。
ダメージは後から出ることも多いので、枯れてしまった枝は切ります。
新しくシュートが出るまで回復すれば、まずは安心です。

177.png枝の更新で古い枝が枯れる
生長過程のバラに比較的よく見られる現象です。
新しいシュートなどが出ると、そちらの枝の成長が優先されるので
古い枝はその役目を終えて枯れることがあります。

また、脇枝が元気に出ると、その脇枝より先が弱って枯れることも。
何れも新たな枝が出ているのであれば、特に心配はいりません。

177.png 病気で枯れる
夏に限りませんが、病気が原因で枯れるときは、
枝の色が通常と異なります。
ただ枯れたという場合は茶色ですが、
立枯れ病だと黒っぽくなります。

緑色のまま株全体があっという間に下から枯れ上がるときは
青枯病かもしれません。

青枯病はめったに見ることはないのですが、
もし出てしまったら、後処理をきちんとしましょう。

ハサミは消毒し、枯れた株は抜いて処分。
同じ場所にすぐバラを植えるのは控えます。

鉢植えだったら、残念ですが鉢も処分した方が良いでしょう。
ゴシゴシ洗おうが、薬液に浸けようが、日光消毒しようが
時間が経とうが、熱湯消毒しようが、その鉢を使うと再発します。
(煮てみたことはないのですが、グラグラ煮たらどうだろう??)

177.png細い枝先が枯れる
花が繰り返してたくさん咲く品種などは、
枝が先に先にどんどん伸びて、細い枝が密集してしまうことがあります。
そうなると風通しが悪くなったり、陽が当たらなくなったりして
細かい枝が一部枯れ込むことがあります。

これも特に心配はいりませんが、風通しが良くなるように
また、バラを少し休ませるために枝を整理するとよいでしょう。
今からだったら、下旬まで待って夏剪定ですね。

177.pngヨトウムシ等の被害
柔らかい枝が狙われます。
虫は地面にいることも多いので、念のため探してみてください。
うっすら土をかぶって寝てたり?します。
いたら対処・・・。
もっと食べさせてあげたいなら放置してもいいけど105.png

177.png夏バテ
生き残るために、一部を捨てて(枯らして)
株にかかる負担を減らしているのではないかと思います。
暑すぎる場所なら避難させたり、日除けを。
水が足りないなら、しっかり水やりを。

いずれにしても、枯れてしまった枝をそのままにしていて
いいことは何もありません。

夏でなくても、枯れ枝は随時取り除くというのが
バラ育ての基本です ✂✂✂

# by weekendsladybird | 2019-08-20 01:26 | Comments(0)

バラの上手な水やり

酷暑とか猛暑とか、もうとにかくそういう感じの
暑~い夏ですね105.png

真夏のバラの管理、どんな様子でしょうか。
今日はバラの水やりについてお話しようかと思います。

初心者向けに書きますので、慣れている方は
復習のつもりでお読みいただければと思います^^

植物の管理でよく言われる言葉で
「たかが水やり、されど水やり」とか
「水やり三年」
というものがあります。

鉢植えの植物は、人が水をやって育てるわけですが
これがなかなか奥が深いのですね。

水やりくらい、水道やジョウロがあれば
誰だって出来るでしょう?と思うなかれ。

ただ水分を与えればいいのではありません。
上手になるまでに三年はかかるんだよ、という意味です。

水やりは、植物の種類、育ち具合、鉢の大きさや素材の特性、
どんな土に植わっているか、置き場所、季節、天候、
植えた時期等々に合わせて調整します。

へ?!
いちいちそんなこと考えるの??
と思ったかもしれません (*´∀`*)
はい。いちいちいろいろ考えます。

慣れれば考えるまでもありませんが、
最初から上手な人はいませんから
みな失敗しながら上手になっていきます。
c0140714_21014790.jpg
バラに水をやるときは、葉にかからないように株元にやるのが基本です。
これは病気が水を媒介して広がってしまうからです。

夏にハダニが出やすい株の場合は、時々葉を洗うようにすると
だいぶ防ぐことができるので、様子を見ながら試してみてください。
ダニが増えてからでは遅いので、出る前にやるのがおすすめ♪

水やりの基本は、「乾いたらたっぷり」です。

繰り返しますが、乾いたら、です。
根には空気も必要なのですね~。

このように説明すると
「乾いたらって、どれくらい乾いたらやっていいの?」とか
「何日に一回?」と聞かれます。

バラあるあるですよー
これはね、日数で考えるのではなく、バラの状態で考えます。
生き物が相手ですからね。

次に水やりするまで萎れない程度、です。

当たり前ですが、乾かしすぎては枯れてしまいます。
夏の水やりがあまりにもギリギリで
乾燥のストレスをかけすぎるのも、ちょっと厳しい。

でも、いつも土がびしょびしょでは
根腐れしたり根が伸びなかったりします。

いつも土が濡れていると、頑張って根を伸ばして
水を探す必要がないので、根が怠けます。
マジです102.png

根がしっかり張らないと地上部に顕著に影響します。
良い枝も出ませんし、花もあまり咲かせられません。
バラは根が弱いと元気に育てないので、病気にも弱くなります。

ですので、乾くのを心配するあまり
いつも鉢皿に水をためて育てるというのは、NGです。


そしてもうひとつ、この「たっぷり」というのが
どうも分かりにくいようで。
「たっぷりって何リットルくらい?」と聞かれます。

この質問、本当によく聞かれます。
ですが残念ながら、数字では答えられません128.png

だって天気や季節によっても違うんだもん。
数字に頼らず、バラの様子をよく見て適した量をつかむしかありません。

だから水やり三年と言われるのですね~
本当に上手になるには、三年でも足りないと思いますよ。

鉢植えのバラなら、下から水が出るくらい、というのが目安です。

花壇や傾斜地などで、かさ上げしているような場所に
地植えしているバラが乾燥で萎れているなら、
一株につきホースで1分くらいが目安でしょうか。

からからに乾いた地面に、一気に1分も水をやると
株元に染み込まずに他へ流れてしまいますから、
例えば10秒やって一旦水を止め、染み込んだらまた10秒というように
繰り返して、合計で1分になればOKです。

毎日鉢の下から出るほどたっぷりやっているのに
水枯れしてしまった、という場合は
朝1回だけでなく一日に何度かやるとか
暑くなる前に鉢増し(鉢のサイズを大きく)しておくとか、
他に手立てを考えます。

自動潅水の機械をタイマーでセットされている方もおられると思いますが
すべて機械に任せっきりにしないように。
チューブのセットされた、同じ場所ばかりに水がかかり
隅の方がカラカラに乾いていたりします。

暑いですが、時々はお庭を見回って
足りていない箇所にご自身で水やりすると安心ですね。

あ、それと。
朝10時を過ぎたら水をやってはだめ、と思っている方がたまにいますが。
夏に乾いていたら、何時であろうとやってくださいね。

水がすぐお湯になって根が煮えてしまう、というのがその理由のようですが
普通、水やりすれば温度は下がります。
それに、煮える前にどんどん乾きますから。

あるバラの大御所が言ってました。
「おまえ、鉢でぐつぐつ水が煮えてんのを見たことあるかよ?!」と106.png106.png106.png



# by weekendsladybird | 2019-08-13 00:46 | Comments(0)

シンベリン

シンベリンと聞くと、シェイクスピアの劇を思い浮かべる方もいることでしょう。
古代ケルト人ブリテン王の名前をつけられたこの薔薇は
1983年(1982年?)に作出されたイングリッシュ・ローズです。

店頭では見かけなくなりましたが、
まだ作っているところはあるでしょうか。

2.5mほどに伸びるシュラブローズで、枝は固め、少し返り咲きます。
この株は、カミキリムシの被害を二年ほど続けて受けましたが
なんとか持ち直し、花数も増えてきました。

花の色と形がとても印象的です。
おっとりとしたパウダリーピンクは、見る人をリラックスさせてくれます。
この場所では、リシマキアのファイアークラッカーという
銅葉の品種と一緒に植わっています。
c0140714_21574189.jpg
今年の春は、秋の花のような綺麗な花がたくさん咲いて
薔薇の当たり年と言っていいかもしれません。

とくにこういったニュアンスカラーは、気温が高かったり
日差しが強かったりすると飛んでしまう事が多く、
春は花弁数も少なくなりがちなのです。

枝の強さとはうらはらに、ぽってりとうつむいて咲くこの姿。
なんとも言えず、目が釘付けになります。

お庭で育てていても、こうした姿が毎年見られるとは限りません。
そういった意味では、ちょっと特別な薔薇なのかもしれませんね。


# by weekendsladybird | 2019-05-26 22:36 | Comments(0)

こんなハサミたちを使っています ✂

わたしたちが薔薇のお庭のお手入れをする際、どんな道具を使っているのかご紹介いたします。

今日はハサミ類でーす。

c0140714_23011922.jpg
上の長いのは、高枝切りバサミ。
主に手が届かないところの花殻を摘むのに使っています。
片手で使うことも多いので、長さよりも軽さ重視で選んでいます。
切ったものを挟むことも出来るので、とても便利😍

以下右から。
黒とオレンジ色の大きなやつは、太い枝を切るラチェット式のハサミ。
力は使わずに3cm程度の枝まで切ることが出来、作業がはかどります。
枯れて乾燥し、固~くなってしまった枝もこれで(*^^*)

折りたたみ式の小型ノコギリ。
太枝切りバサミが入らない場所や、3cm以上の太さの枝を切りたい時に。
コンパクトですが、刃の刻みがしっかり入っているので、とてもよく切れます。
作業性もよく◎。

真ん中の赤い柄のは、剪定バサミ。
刃渡り5cm位です。これくらい大きめのものでないと作業するのに不便です。
日本製のものもいろいろ試しましたが、これはきちんと力も入るし
持っていて滑らないし、同じものをリピートして使っています。
私は手が小さめですが、慣れれば落としたりすることもありません。

緑色のは、細い枝や紐を切るのに使っています。
剪定バサミは片刃なので、柔らかい枝を切るのには向きません。
また、枝以外のものを切ると刃が鈍るので、使い分けています。

一番左の赤いのは、草取り用です。
ハサミではなく、先がギザギザになっていて草をつまめるようになっています。
芝の中に生えた草も、これがあればスイスイ抜けます^^

草取り用の道具もいろいろあるので、それはまた別の機会に紹介しますね
\(^o^)/

# by weekendsladybird | 2019-05-24 23:49 | Comments(0)