人気ブログランキング |

シンベリン

シンベリンと聞くと、シェイクスピアの劇を思い浮かべる方もいることでしょう。
古代ケルト人ブリテン王の名前をつけられたこの薔薇は
1983年(1982年?)に作出されたイングリッシュ・ローズです。

店頭では見かけなくなりましたが、
まだ作っているところはあるでしょうか。

2.5mほどに伸びるシュラブローズで、枝は固め、少し返り咲きます。
この株は、カミキリムシの被害を二年ほど続けて受けましたが
なんとか持ち直し、花数も増えてきました。

花の色と形がとても印象的です。
おっとりとしたパウダリーピンクは、見る人をリラックスさせてくれます。
この場所では、リシマキアのファイアークラッカーという
銅葉の品種と一緒に植わっています。
c0140714_21574189.jpg
今年の春は、秋の花のような綺麗な花がたくさん咲いて
薔薇の当たり年と言っていいかもしれません。

とくにこういったニュアンスカラーは、気温が高かったり
日差しが強かったりすると飛んでしまう事が多く、
春は花弁数も少なくなりがちなのです。

枝の強さとはうらはらに、ぽってりとうつむいて咲くこの姿。
なんとも言えず、目が釘付けになります。

お庭で育てていても、こうした姿が毎年見られるとは限りません。
そういった意味では、ちょっと特別な薔薇なのかもしれませんね。


# by weekendsladybird | 2019-05-26 22:36 | Comments(0)

こんなハサミたちを使っています ✂

わたしたちが薔薇のお庭のお手入れをする際、どんな道具を使っているのかご紹介いたします。

今日はハサミ類でーす。

c0140714_23011922.jpg
上の長いのは、高枝切りバサミ。
主に手が届かないところの花殻を摘むのに使っています。
片手で使うことも多いので、長さよりも軽さ重視で選んでいます。
切ったものを挟むことも出来るので、とても便利😍

以下右から。
黒とオレンジ色の大きなやつは、太い枝を切るラチェット式のハサミ。
力は使わずに3cm程度の枝まで切ることが出来、作業がはかどります。
枯れて乾燥し、固~くなってしまった枝もこれで(*^^*)

折りたたみ式の小型ノコギリ。
太枝切りバサミが入らない場所や、3cm以上の太さの枝を切りたい時に。
コンパクトですが、刃の刻みがしっかり入っているので、とてもよく切れます。
作業性もよく◎。

真ん中の赤い柄のは、剪定バサミ。
刃渡り5cm位です。これくらい大きめのものでないと作業するのに不便です。
日本製のものもいろいろ試しましたが、これはきちんと力も入るし
持っていて滑らないし、同じものをリピートして使っています。
私は手が小さめですが、慣れれば落としたりすることもありません。

緑色のは、細い枝や紐を切るのに使っています。
剪定バサミは片刃なので、柔らかい枝を切るのには向きません。
また、枝以外のものを切ると刃が鈍るので、使い分けています。

一番左の赤いのは、草取り用です。
ハサミではなく、先がギザギザになっていて草をつまめるようになっています。
芝の中に生えた草も、これがあればスイスイ抜けます^^

草取り用の道具もいろいろあるので、それはまた別の機会に紹介しますね
\(^o^)/

# by weekendsladybird | 2019-05-24 23:49 | Comments(0)

花の中から蕾! ~ 慣性花~

ときどき、こんな変わったバラの花を見かけることがあります。
c0140714_21464019.jpg
これはいったい何?!と思うかもしれませんね。
鉢で育てているミニバラですが、花の中心からたくさんの蕾がでています。
横から見るとこんな感じ。
c0140714_21465672.jpg
こういった状態の花のことを、慣性花(かんせいか)といいます。
よく言われているのは、肥料過多だとなりやすいということですが、
この株については全く当てはまりません。

慣性花になるはっきりした理由は特定されていないようですが
品種によってなりやすいものがある、とか
株が若くて充実していないとなりやすい、等とも言われているようです。

このミニバラは購入してから3~4年程経ち、
販売時にかけられていた強い矮化剤がようやく切れてきた株です。
背の高さは50cmほどに伸びるようになりました。

去年までは花は小さかったのですが、この花の直径は7cmくらいありました。
他に蕾はひとつもなく、咲いたのはこれ一輪だけです。


ミニバラとして売られているものは、台木に接がれているのではなく
一鉢に挿し穂をいくつか寄せて作られています。

長く育てることを前提にはしていないようで
言ってみれば、一時咲いてそれでおしまいという
消耗品のような扱いをされているように思います。

株の充実とか、安定した成長というものからは
遠いところにいるのは否めません。
加えて人の都合できつい矮化剤をかけられていますから、
安定しておらず、このような花になったのかもしれません。

調べていたら、花の器官形成で世界的な研究者である後藤弘爾先生という方が
慣性花について説明してくださっている文章を見つけましたので
勝手ながら、日本植物生理学会のページから引用させていただきます。

************************************
「貫性花」または「貫性のバラ」

園芸用のバラで養分過多といくつかの条件がそろうと、この様な花が
見られることがあるそうです。本来雌しべになるべき場所から、
新たな花が作られたことによるものと考えられます。

バラそのものではないのですが、シロイヌナズナという実験用の植物で
調べられた結果では次のようなことが分かっています。

花は、がく、花弁、雄しべ、雌しべという器官からできていますが、
雌しべを作る指令を出す遺伝子(AGAMOUSといいます)は、
雌しべができると新たな器官が出来ないようにする働きがあります。

シロイヌナズナでは、このAGAMOUS遺伝子が突然変異を起こして
機能しなくなると、雌しべの代わりに花弁やがくが次々と作られ、
いわゆる八重咲きのような花になります。

多くの花の八重咲きも同じような仕組みで起きていると考えられています。
シロイヌナズナの場合、この八重咲きの花を短日条件(昼の長さより夜の長さの方が長い)などで育てると、2重の花になることがあります。

また、AGAMOUS遺伝子の機能が完全に失われていないものでも
同様のことが起きます。

バラについても、同じように何らかの原因でこのAGAMOUS遺伝子の働きが弱まることによって、貫性花ができるのだと考えられます(バラの原種は5枚の花弁と多数の雄しべを持っています。

園芸品種のバラの花弁の数が多いのは、雄しべが花弁に変化した突然変異体を人為的に選抜、育種してきたためと考えられています)。

余談ですが、「貫性のバラ」についてはドイツのゲーテ(彼は詩人として有名ですが、自然科学者でもあり、形態学の祖と呼ばれています)も興味を持って観察しており、その結果、花の各器官(がく、花弁、雄しべ、雌しべ)は、本質的には葉と同じものである、との考えを示しています(「貫性のバラ」のなかには内側に花だけではなく、葉を生じるものがあったからです)。

このゲーテの洞察は、近年の分子遺伝学研究によって、正しいことが証明されました。

後藤 弘爾(岡山県農林水産総合センター)

# by weekendsladybird | 2019-05-13 23:11 | Comments(0)

のの字虫(オオシロオビクロハバチ)

いよいよ薔薇の季節が到来しました。
華々しいバラの写真が見たいかもしれませんが、
今日は虫についてです102.png

バラの葉に付くイモムシはたくさんいますが、基本的に対処法は同じです。
見つけたら手で取るか、葉ごと処分するか、お薬を撒くか。

なので虫の種類を知ったところでやることは変わりませんが、
名前くらいは知っててもいいかな、と思うのでアップしま~す129.png

葉の裏でくるんと丸まって、平仮名の「の」の字になっている
緑色(たくさん葉を食べました)のイモムシです。

私達は勝手に「のの字虫」と呼んでいますが、
正式な名前は、オオシロオビクロハバチといいます。
c0140714_21432488.jpg
体の側面に白いライン(オビ)が入っています。
これはだいぶ大きめの幼虫です。この写真では丸まってないけど。
もっといい写真が撮れたら差し替えますね。

たいして良くはないけど、巻いてるやつが撮れましたので画像追加します
 ↓ ↓ ↓ くるんとな。
c0140714_23211802.jpg

発生初期の食べ跡はこんな感じ↓
c0140714_21431276.jpg
ぱっと見、よく見えないくらいの薄緑色の幼虫が葉の裏にうわうわいます。
見えないけど食べ跡があれば虫はいますので、軽く葉裏をこすったりするとわかります。

ハチというのが名前に入っていますが、人を刺したりはしません。
成虫は黒くて細めのよく目にするタイプのハバチで、
体長12ミリ~15ミリくらいです。

バラに及ぼす害といえば、幼虫が葉を食べるということくらいで
目の敵にするほどではありません。

大事な葉っぱを食べられるのは絶対にイヤです!という方は
出る前に何かしらの対処をしてください。

わたしはこの子を見つけたら、小さいのは葉ごと処分し
ある程度大きいのは手で取って、鳥が来そうなところにポイします。
サヨナラ~ (*´ェ`*)



# by weekendsladybird | 2019-05-09 22:35 | Comments(0)

意外な美しさ・・!!

今日は楽しい仲間たちと広い場所のお掃除。
竹箒を使ってみんなでキレイにしました。

いつも一緒に庭しごとをしているメンバーとは違ったせいか
お褒めの言葉をいただきました^^

「人より3倍くらい早く綺麗になる」とか
「動きにムダがなくてしかも的確」とか
「箒の使い方が美しい!」とかとか^^

えーー意外~~~
まさか竹箒の使い方をそんなに褒めていただけるとは! 笑

日頃せっせと掃除をしていたかいがありました。
これからも(?)美しく頑張りま~す


写真は内容とは関係ありませんが、ヒマラヤユキノシタ。
ここのコたちは、毎年良く咲いてくれます。
地味で普通の花ですが、珍しいけどひ弱ですぐ消えちゃうようなやつより
私にとってはよっぽど好感度大。

桜が儚く舞い散る、風情ある日本を堪能しているこの季節に
まったくもって無粋な発言だけど(*´ω`*)

適材適所
ついつい管理する側の目線で見てしまうからかも?

群生させると良さが引き立ち、見ごたえが出ますね♡
c0140714_20512867.jpg

# by weekendsladybird | 2019-04-09 21:28 | Comments(0)

花冷えは、バラの病気に備える合図

桜が満開です。

今年は開花宣言されてから、気温の低い日が多めで
長く桜を楽しめていますね。

今日は4月8日ですが、夕方以降は雨が降るようで
明後日にも雨の予報が出ています。
この日の都心の最高気温は10℃の予想。

ここで、自分たちの服装以外にも気にかけてほしいことがあります(*^^*)

ほとんどのバラはもう柔らかな新芽を吹いています。
c0140714_11260338.jpg
早いものは小さな蕾が上がっていますね。
c0140714_11273902.jpg
こういう時に気温が下がると、バラに病気が出やすいので注意が必要なのです179.png
気温が低く、湿度が高いという状況は、病原菌が繁殖しやすいのです。

この場合の湿度というのは、空気中の湿度に限らず
バラ周辺の湿度ということです。
これは雨でも上がりますし、人為的な水やりや薬散でも上がります。

こういうときわたしたちは、
気温が低くなる前に予防薬を散布しておく ということをします。
(無農薬で育てたい方は、お薬以外の対策をしてくださいね)

柔らかな葉はダメージを受けやすいので、強い薬はおすすめできません。
希釈して使う薬は、希釈倍数をきちんと計って濃くならないように。
いろんな病気に一度に備えたいからといって、殺菌剤を複数混ぜるより
単品で使ったほうが、新芽へのダメージが少ないように思います。

また、たくさん希釈して薬が余ったからといって
同じ場所に何度も重ねて撒かない。
早朝や夕方以降の、気温が下がる時間帯に薬を散布しない。
といったことにも配慮が必要です。

仕事で日中は庭しごとが出来ないとか
ご近所へ配慮しなくてはいけないから昼間は撒けない等々、
人間の都合も、それぞれいろいろあることと思いますが。

これら諸々をお考えいただいて、ご自分のバラをどのように育てるか
お決めいただければいいかなと思います。

状況に合わせて、バラが好む適切な対処をすれば
バラは元気に育ってくれるでしょう。

見守るだけで、お手入れのポイントを押さえず放ったらかせば、
それなりな状態になります 笑

すぐ出来るようにならなくても、誰も責めませんから安心してね102.png
ただまぁ、ご自分でご自分の好きなことや、
何をどうしたいかを考えるいい機会にはなるかな?!

バラを育てるということ。
ちゃんと向き合うと、奥が深いのです162.png

# by weekendsladybird | 2019-04-08 12:54 | Comments(0)

「毎月のバラの作業」というタグを設定しました

昨年の3月より、毎月の薔薇の作業についてまとめてきました。
2月の分で一年分を書くことができましたので、
今後は過去の記事をお手入れの参考にしていただければと思います。

あとから見つけやすいように、タグを作ってみましたので
そちらから探してみてくださいね。

なお、記事はあとから見直しをし、手を加えたりすることもあると思います。
どうぞよろしくお願いいたします110.png
c0140714_16233998.jpg
染井吉野が咲きそろってきました171.png
バラももうすぐです。

# by weekendsladybird | 2019-03-31 16:32 | Comments(0)