タグ:バラの育て方・管理 ( 37 ) タグの人気記事

アブラムシ対策のコンパニオンプランツ

早いバラは咲き始めましたね!
つぼみが色付き、今日か明日かと開花を
楽しみにされている方も多いのではないかと思います。

さて、この時期たくさん発生するのが
みなさんにお馴染みのアブラムシです。

アブラムシは細い口ばしを植物に突き刺して樹液を吸います。
たくさん付いてしまうと、成長が緩慢になったり
ベトベトした分泌物で汚れ、スス病が発生したりします。
c0140714_21034655.jpg
アブラムシは、秋口以外は交尾なしでどんどんクローンを産み増殖します。
放置するとあっという間に増えて、
柔らかい新芽やつぼみにびっしりと付いてしまいます。
どの品種だろうが、みんなモスローズみたいになってしまうことも(笑)

そんなこの時期にぴったりな新聞記事を見つけましたので
ご紹介いたします。
それは、アブラムシを食べる虫を呼ぶコンパニオンプランツのお話です。

ネペタという植物をご存知ですか。
キャットミントやキャットニップなどがそうです。
花も綺麗ですし、葉の香りもいいハーブですね。
蚊よけとして利用している方もいるかと思います。

ネペタ属の植物には、ネペタラクトンという物質が含まれていますが
このネペタラクトン、実はアブラムシの性フェロモンでもあるというのです。

アブラムシのフェロモンをSOSのサインとして出して
アブラムシの存在を嗅ぎつけた天敵の肉食昆虫が
はせ参じるというわけです。

アブラムシがいなくとも、ネペタラクトンに反応してくれれば
昆虫が駆けつけて(というかお食事するつもりで)来てくれるので
ネペタにアブラムシが大発生しなくて済むということですね。

それを利用して、バラの近くにネペタを植えておけば
近くにアブラムシの天敵がいてくれることになりますから
バラにとっても助けになりそうです。

ただし株元に植えるのではなく、バラの枝に触らないくらい
少し離して植えてくださいね。
カミキリムシの被害を軽減するためと、風通しを良くするためです。

ネペタラクトンは蚊よけだけでなく、
ゴキブリ避けにも効果があるという説もあります。
気になる方は、どうぞお試しを。


[PR]
by weekendsladybird | 2017-05-01 21:41 | Comments(0)

4月の鉢バラのお手入れ

染井吉野も咲き終わり、緑の葉が増えてきました。

季節の変わり目、本格的に暖かくなりはじめるこの時期は
気温が安定せず春の嵐という感じで風が強い日も多いですね。

こんなとき気を付けなくてはいけないのは、水やりです。
寒い時期はそれほど鉢の土も乾燥しないので、
何日かおきに水をやればいいのですが
今は毎日確認が必要です。

朝起きたら、まず土の乾き具合を見るという習慣をつけてください。
土が乾いたまま風に吹かれてしまうと
一気に乾燥が進み葉が傷んでしまいます。
一度傷んだ葉は、もう元には戻りません。

すでに小さな蕾が上がっているものもありますので、
つぼみごと傷んでしまうということになります。

表面が乾いていたら、下から出るくらいたっぷりやりましょう。
この時期は乾かし気味にしてはいけません。

そして、柔らかい葉は虫にとってご馳走です。
小さなイモムシ、チュウレンジハバチ、バラゾウムシ
アブラムシなど、たくさんの虫たちがやってきますので
バラの葉を食べられたくない方、つぼみを大切にしたい方は
被害の少ないうちに対処するようにして下さいね。
c0140714_12502960.jpg
葉の裏に付いたイモムシ(クシヒゲハバチの幼虫)

c0140714_12501523.jpg
葉の表から見た食べあと

c0140714_12495044.jpg
つぼみに付いたアブラムシ(見える?)


それからもうひとつ。
葉がない時期は鉢をくっつけて置いていても問題ありませんが
葉が出てくると隣とぶつかって窮屈になることも。

そんなときは、鉢と鉢を少し離して置き、
葉が触れない程度に間隔を開けるようにしてください。

そうすることで風通しと日当たりがよくなり
バラが元気に育ちます。
これは病気を軽減することにもつながりますので
ぜひ工夫してみてくださいね。


[PR]
by weekendsladybird | 2017-04-18 13:00 | Comments(0)

ローズレッスン開催のお知らせ 

ブログでのご案内が遅れましたが
2017年2月25日に初心者向けのレッスンを開催することになりました。

参加可能枠が残り一名様なのですが、
お時間のご都合が合う方がいらっしゃいましたら
是非ご参加ください。
c0140714_13525399.jpg
バラ専門のガーデナーによるローズレッスン
「育て方はバラに聞こう」

開催日 2017年2月25日(土)
主催 レニフラド
講師 富崎啓子
場所 &リブラン 東武東上線志木駅南口より徒歩3分
   副都心線、有楽町線のご利用も便利です。
   〒352-0001 新座市東北2-29-30
   http://www.livlan.com/andlivlan/

時間 10:00~11:30 
その後ランチを召し上がっていただき、自由解散。

内容
初心者の方向けに、バラ育ての基礎をレクチャーいたします。

バラは人のように言葉を持っていませんが、よくよく見ていると
いろんなことを教えてくれています。
バラの生き方はお手本にしたくなるくらい素敵なのです。
そんなお話も交えながら、バラが喜んで育つポイントを
わかりやすくお伝えします。    

そして実際にバラの苗を植木鉢に植え込んでみましょう。
いい苗とオリジナルブレンドの土(非売品)や肥料等、
材料はすべてこちらでご用意いたします。
お店でどれを選べばいいのか分からず
困ったことのある方も安心です。

この時期のバラは、落葉して枝だけの状態ですが
初心者の方が育て始めるのにとても適しています。

植えたバラはお持ち帰りいただきますので、
その日からバラとの暮らしが始められますよ。
どうぞお気軽にご参加ください。

料金 12,000円 
 バラの大苗、7号鉢、土、肥料等の材料費とランチ代込
 *当日お支払いください。

定員 6~8名

持ち物 園芸用手袋、園芸用ハサミ、必要な方はエプロン
 *汚れてもいい服装でお越しください。

申込み方法 
 ①&リブランのホームページ
 ②メールにて weekendsladybird☆excite.co.jp
 (お手数ですが☆をアットマークに直してください)
  
 お名前、参加人数、電話番号をお書き添えの上、
 お好きな方法でお申し込みください。

申込み締め切り 2017年2月22日

キャンセルについて

 仕入れの都合上、締め切り日以降にキャンセルの場合、
 10,000円のキャンセル料を申し受けます。
 代わりに別の方が参加される場合は
 キャンセル料はかかりません。

[PR]
by weekendsladybird | 2017-02-09 14:08 | Comments(0)

剪定の心得 バラは、枝を更新させる植物です

みなさま、バラの剪定作業は進んでいますか?
今回は、枝の更新についてお話ししたいと思います。

植物はそれぞれ育ち方に特徴があります。
バラは木本植物(もくほんしょくぶつ)ですが、
普通の樹木とは違って、同じ枝がずっと育って
いずれ太くなっていく、というものではありません。

何年かすると、枝はおのずと新芽を出す力が弱くなります。
そして新しい枝と入れ替わるように
古い枝はその役目を終え、枯れてゆきます。

このサイクルを上手く見極めて
芽を出せなくなった古い枝を剪定し、
その分のエネルギーを新梢に向かわせ
株の更新を図り生育を促す、というのが剪定をする目的のひとつです。

ここを理解していないと、剪定は上手になりません。


「ずっと大事にしている長い枝に花が咲かなくなった」

古い枝にいつまでも花を望むのは、
お年寄りにもっと働け、と言っているように聞こえてしまうのは
私だけでしょうか(笑)

「去年苦労して綺麗に誘引したんだから、
 新しい枝は切ってしまって古い方を残したい」

品種にもよりますが、バラはいつまでも新しいシュートを
出し続ける訳ではありません。
勢いが良すぎるシュートを、邪魔だからと切り続けていると
そのうち出なくなる、ということはよくあります。

こんな人もいましたっけ。
「全部の枝を大事にしたいから、切らないで」

こういう考えの方を、優しいという人もいますよね。
バラがせっかく出した枝だから・・・
そうなのかもしれません。
当のバラは、切らないので枝が混みこみで陽も当たらず、
新しい枝が出るスペースもなくなり
とうとう花が咲かなくなってしまいました。

お手入れは、基本的にお庭の持ち主の方の意向に合わせて作業します。
もちろん説明はしますが、「こうしたい」という希望を
できるだけ優先するようにしています。
その方がご本人も納得がいきますし、満足度の向上にもつながるからです。

ですがバラは、人間の都合に合わせて生きてはくれないのですよ。
結果を見てまた説明し、次の作業につなげていきます。
c0140714_00161192.jpg
Constanze Mozalt


古い枝を切ると、それが刺激になり、
動きが緩慢だったものも新しいシュートを出したりします。
枯れてしまった枝はその都度整理し、
陽が当たって風通しのよくなる空間を確保するのも大切ですね。

とは言っても、元気のない株をやたらと切ってしまうのは良くありません。
そもそも枝を出す力がなければ、細いから、古いからという理由で
切ってしまっては、余計に弱ってしまいます。

それから、何年目の枝、というように決まった目安はありませんので
ご自分のバラの様子をよく見てあげてくださいね。
その枝が、新しい良い芽を出しているかどうかがポイントです。

ご参考までに^^



[PR]
by weekendsladybird | 2016-12-30 00:37 | Comments(0)

一番いい肥料・・・?

c0140714_2125457.jpg
暑いですね!
みなさまのお庭のバラはどんな様子でしょうか。

先日伺ったお宅で、こんな質問をされました。
「肥料で一番いいのってどれですか?
一つだけ買うならこれ、というのを知りたいんです」

お店に行くといろんな肥料がありますからね。
迷うのも無理はありません。
植物に合わせてバラ用、花用、観葉用、ラン用。
固形に液体、元肥と追肥、有機と化成と・・・
すべて植物に合わせて揃えていたら大変です。

これひとつで全てOKというものは、残念ながら無いのですが。
最初にひとつ買うなら、元肥と追肥両方に使える
粒状の肥料が使いやすいでしょうか。

今回は、肥料を選ぶ目安を考えてみました。

チェックするところは、

①N:P:Kの割合
私は、どれかが飛びぬけて多いものは避けます。
何回も施肥するうちに、同じ成分だけ増えて偏るのが好きではないからです。
バラ用も花用も、たいていリン酸が多いので使いません。
肥料で咲かせるのではなく、自力で咲けるよう育てます。

②液肥なら薄める倍数
私は使う量が多いので、50倍とか100倍のものはあっという間に無くなってしまいます。
液肥はあくまでお助け役と考えていますが、コスト重視。
肥効は一日程度しかありません。
予算を気にしない方は、お好きなものを選んでくださいね。

③有機肥料なら、におい
変に臭うものは、完熟していないということですから気を付けましょう。
そのまま一年も放置しておけば大丈夫でしょうが、待てません。

何用の肥料か、というのは無視します。
有機には有機の良さが、化成には化成の利点がありますので
これも好きな方を選べば良いでしょう。

細かいことを言うともっとあるのですが、とりあえずこんな感じです。
私は、固形の肥料2種、液肥と活力剤2~3種を使い分けています。

やり過ぎは病気の元ですので、ご注意を~!
[PR]
by weekendsladybird | 2016-08-05 21:35 | Comments(0)

バラの葉を落とさないために

メールでご質問をいただきました。
個別のご質問には対応しておりませんので、ブログで取り上げてみます。

花は咲くのだけれど、あっという間に黒い点々が出て
葉が落ちてしまうのだそうです。
もしかしたら、同じ現象を多くの方が経験されていることと思います。

バラの葉は落葉時期でもないのに、なぜ落ちるのでしょう?
考えられる理由をいくつか挙げてみます。

・病気に由来するもの

・水枯れさせたことがある

・虫に由来するもの

主な原因はこの三つでしょうか。

ご質問では黒い点々が出るとのことですので
病気によるものと考えて間違いないと思います。
バラに良くある病気の、黒星病(黒点病)か、ベト病でしょうか。

薬をなるべく撒きたくないので使用を控えていたが、
耐えかねず撒いてもあまり効果はなかったとのこと。

もしこの黒い斑点が黒星病だとすると、
今現在治療薬はありませんので、斑点が出てから薬を撒いても効果はありません。
黒星病用の薬は、すべて予防薬です。
ですので、病気が出る前に予防の散布をしないといけません。
もし今、バラの葉が綺麗な状態なのであれば、薬を撒くのは今ですよー!

そしてもし斑点の原因がベト病だとすると、事態はさらに厄介で、
治療薬を使用しても、なかなか治りません。
とってもしつこいです。
しかも放置すると病気はどんどん広がります。
治療薬は耐性が付きやすいので、同じ薬を何度も使えませんし
幹にも病斑が出ているようだと、枝ごとゴッソリ枯れてしまうことも。

これを防ぐにも、やはり予防散布が必要なのです。
症状が出てからでは遅いのです。

化学農薬を使うのは、かなり抵抗があるという方が多いですよね。
それでしたら、薬を使わなくても健康に育つよう工夫しなくては。

病気が蔓延してしまってからでは、薬をまったく使わず
早期に治めるのは至難の業です。
一旦ピシャッと治めてからバラの体力を付け、
徐々に無農薬または減農薬に切り替えるのがおすすめです。

基本に戻ってくださいね。
バラが元気に育つ条件は何ですか?
日照、バラが好む土壌、適度な水やり、風通しがいいこと、ですね。
これにプラスして、「愛情」です。

このうちのどれが欠けても、バラは元気に育ちません。

注目していただきたいのは、肥料や薬がこの条件に入っていないことです。
いかがでしょう。工夫の余地があると思いませんか?


早い品種はどんどん咲き始めていますね。
今年は例年より早いなぁ、という印象です。
もうこの時期は気が気じゃありませんが・・・

みなさま、どうぞ素敵なバラの季節をお過ごしください。
c0140714_20133027.jpg

[PR]
by weekendsladybird | 2016-04-22 20:22 | Comments(0)

モッコウバラが開花し始めました

黄色いモッコウバラ。
一番乗りで咲き始めました。
c0140714_1551582.jpg
この時期は、もりもりと展開する新葉にウキウキしますね。
柔らかくつやつやして、バラも嬉しそう。

このあと順調にいけば蕾が上がってきますが、
病気と虫の対策をどうぞお忘れなく。
葉が柔らかいうちは、少しの変化にもダメージを受けやすいです。
綺麗な花を楽しむためにも、予防に努めてくださいね。

c0140714_1552616.jpg

こぼれ種で増殖中のニオイスミレ。かわいい~
[PR]
by weekendsladybird | 2016-04-07 16:04 | Comments(0)

四季咲きバラの花がら摘み

今日は、花殻摘みについてお話ししようと思います。

四季咲きのバラは、一番花が咲いた後に新しい枝が伸びて
その枝先に二番花が咲き、またその先に三番花が・・・
というように生育していきますね。

つまり、どんどん背が高くなっていくわけです。
切りバラ品種などは特に、長く伸びてから蕾が付きますので
夏頃には遥か上の方に花が咲き、二階からでないと見えないなんていうことも。

それを避けるためか、とにかくやたらと切ってしまう方が多いんですね(汗;)。
確かに花が見えなくてはつまらない、というのは理解できます。
花瓶に活けるとき、ある程度長さがないと、というのもわかります。

ですが、一番枝は大切にしていただきたいのです。
何故かと言いますと、冬剪定の時に重要になる枝だからです。

バラに鋏を入れることにそれほど抵抗が無くなった
中級者以上の方は、特に気を付けていただきたいと思います。

「バラを切る時は二芽残し」というのが流行っているようですが
それは冬の剪定での切り方です。
(ちなみに私は冬でももう少し残します。よほど旺盛に育っている株か、
実験気分で試してみたいというご要望でもなければ、
そんなに厳しく切る必要はないからです。)

花殻摘みは、剪定ではありません。
咲いた花を種にせず摘んで、次の花を咲かせやすくするお手入れです。

このあたりをごちゃまぜにすると、
下葉が出ないひょろっとした株になってしまいますのでご注意くださいね。

当然のことではありますが、花殻を切った後は、上の芽が動きます。
ということは、春に二芽残しても
冬剪定で使える、一番枝の芽は一つだけということになります。

その一つしかない貴重な芽の向きは、いい方向に向いているでしょうか?
ぷっくりした良い状態でしょうか?
大抵の場合、NOです。
そうなると、仕方なくその上の二番枝で切ることになってしまうのです。

つまり、本来切りたい位置よりも高いということです。
株をコンパクトにしたくて深く切ったのに、逆に背が高くなってしまいますね。

そんなの関係なく低い位置で切っちゃえばいいじゃん!!
という方もいらっしゃいますが。
お勧めはしませんが、芽が出なくても、枝が枯れ込んでもいいなら
ご自分でやってみてください・・・

形を整えるのは冬剪定で、という基本を
どうぞお忘れなきように ^-^
c0140714_20181245.jpg

[PR]
by weekendsladybird | 2015-05-31 20:35 | Comments(0)

開花直前のバラのお手入れ

5月に入って気温も上がり、早い品種は開花が始まりましたね!

この時期、虫たちも本格的に活動開始となります。
見た目重視の方や、まだ株が若くて生育途中のものなどは
虫対策を強化しましょう。

虫を見つけるコツは、とにかく葉をよく観察することです。
糞は落ちていないか、食べ痕はないか。
丸まっている葉は、広げてチェックしましょう。
ハマキムシは、毎日寝る葉を変えますから
見つけるまで頑張って探しましょう。

病気が出そうなものは、出る前の予防が大事です。
お薬を撒くのと同時に
新梢が伸びて混み合っているところは
バランスをみて風通し良く、少し整理するといいですね。

そしてもうひとつ、鉢植えの場合は水やりに気を付けて。^^
蕾が付くと、普段よりも乾きがぐんと早くなります。
せっかくの蕾が萎れることのないよう、早め早めに灌水してくださいね。

今日のお庭は、お手入れに伺うようになってから2回目の春。
だいたい月に一度のペースで入らせていただいています。
フェンスは工務店さんにお願いして、上の部分をつるバラ仕様にしてもらいました。
c0140714_20131436.jpg
お好きなバラばかり植わった、ローズガーデンです。
c0140714_2013477.jpg
c0140714_20125744.jpg
普段ご主人はあまり外に出ていらっしゃらないのですが、
この日は特別。
たくさんの蕾をつけたバラたちを見て、とても嬉しそうにされていました。

それを見て、私達も笑顔、笑顔。
本当に嬉しい一日となりました。
[PR]
by weekendsladybird | 2014-05-04 20:48 | Comments(0)

今年もたくさん咲いてくれました

一年で一番華やかなバラの季節も終わり、
花がら摘みや夏前の消毒などなど、
バラにとって大切な花後のお手入であちこち飛び回る毎日です。

花がらがたくさん付いているのを見ると、そこに花は無くても
思わず、やったー!とうれしくなります。
また来年も沢山咲いてくれるように、
来春までのお手入れもがんばろー、という気持ちになります。
今から夏、秋にかけてのバラの状態が来年以降に大きく影響しますからね!

今年は蕾が上がって開花してからの雨が少なかったので
例年のように雨で花弁が傷んだり、開きにくかったり、という事が少なく
きれいに最後まで花を楽しめました。

例年と違うところは、早咲き種と遅咲き種が同時に咲くほど
全体的に花の期間が凝縮されていたようにも感じます。

一か月前のバラの様子です。
なんだかこの6月のくもり空のもとでは、
嘘のような爽やかな5月の庭の様子。
今年も良く咲いてくれたお庭のバラ達を少しご紹介、です。
c0140714_22223034.jpg
c0140714_22223689.jpg
デュセスダングレーム、フォールスタッフ、クロリス・・・など
オールドローズやイングリッシュローズを宿根草と混植。

c0140714_2223127.jpg
コーデリア、スイートジュリエット、コンテドゥシャンパーニュなど
柔らかい色調のバラ達。

c0140714_2223663.jpg
ダムドゥシュノンソー、ファンタンラトゥールなどピンク系のバラで統一。
華やかなバラの足元でラベンダーやコンボルブルスが良く映えます。

c0140714_2225466.jpg
ラネイの枝を自由に大きく伸ばして、オールドローズの良さを活かしました。

c0140714_22255222.jpg
バロンジロードランを大きなブッシュ状に仕立てて、ボリュームを出しています。
バロンは枝が伸びますが、伸ばして誘引せず、
冬にある程度剪定すると、花付きも良くなり品種の良さが出ます。
(M)
[PR]
by weekendsladybird | 2013-06-14 22:31 | Comments(0)