お問い合わせのメールがエラーになってしまう方へ

エキサイトのアドレスにご連絡を下さったお客様の中から、
「何度メールを送ってもエラーで戻ってしまう」とのお問い合わせがありました。

原因については調査中ですが、エラーになってしまった場合に備えて
連絡先を追加することといたしました。

富崎啓子フェイスブックから、メッセージを送信して下さっても大丈夫です。
以下のページにアクセスし、メッセージというボタンをクリックしてください。
 https://www.facebook.com/keiko.tomisaki.73
  
せっかくご連絡をくださったのに、エラーになってしまったことで
コンタクトをあきらめてしまった方もいらっしゃることと思います。
いままでご不便をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。
c0140714_19251325.jpg
pompon de bourgogne
[PR]
# by weekendsladybird | 2016-03-18 19:25 | Comments(0)

ローズレッスンを始めます

c0140714_16434020.jpg
以前から多くの方に、バラのレッスンをしてほしい!というリクエストをいただいていました。
なかなか実現できずにいましたが、
ようやくこの度開催の運びとなりましたのでお知らせいたします。

今回は、バラの大苗を鉢に植え込むレッスンです。
バラを育ててみたいと思っても、
いろんな疑問に阻まれてあきらめてしまう人も多いよう。
どこのお店でどのバラを買えばいいのか分からない。
何を用意すればいいのか?どの土に植えれば?
肥料はどれがいいの??
分からないことだらけで、疲れてしまいますね。

そんな方向けに、バラ専門のガーデナーをしている私が
バラを育てるための大事なポイントをお教えします。

初心者でも育てやすいよう、よく咲き丈夫でコンパクトな品種を選んでご用意。
バラの苗、有機肥料入りのオリジナルブレンドの土、
バラが良く育つ鉢もセットにしてお待ちしています。

植物を育てたことがなくても大丈夫です!
お知り合いの方にも是非ご紹介ください。
植えたバラは、お持ち帰りいただきます。

レッスンの後は、美味しい国産の有機野菜を使ったランチをお楽しみください。

開催日 2016年3月22日(火)

時間  10:00~11:30 レクチャーと実習、その後ランチ

場所 アンドリブラン
   埼玉県新座市東北2丁目29−30 ヴォルテックス 21 志木 1F
   東武東上線 志木駅南口より徒歩3分
http://www.livlan.com/andlivlan/

持ち物 園芸用手袋、園芸用ハサミ(細い枝が切れるもの)
   *必要であればエプロンや腕カバー。
    汚れてもいい服装でお越しください。

受講料 8000円(材料費、ランチ代込み)当日現金でお支払いください。

定員 6名

お申込み 富崎までご連絡ください。メールにて受付いたします。
    お名前、参加人数、ご住所、電話番号をご記入のうえお申し込みください。
    weekendsladybirdアットexcite.co.jp
    *お手数ですが、アットを@に変えてご入力ください。

  または、富崎啓子フェイスブックの、メッセージからもお申込みいただけます。
    https://www.facebook.com/keiko.tomisaki.73

申込み締め切り 2016年3月19日13:00

皆さまのご参加をお待ちしております♪
[PR]
# by weekendsladybird | 2016-02-23 16:50 | Comments(1)

「プロが指南 初心者のためのガーデニングのコツとテク」掲載のお知らせ

以前、冬のバラのお手入れについて雑誌に掲載されたものを、
まとめた本が11/20に発売されました。
c0140714_15401782.jpg


いろんな方のアイデアが盛りだくさん。
私達の記事は68~73ページに載っています。
c0140714_15191394.jpg
是非お手に取ってご覧ください。
本の詳しい内容はコチラ!
[PR]
# by weekendsladybird | 2015-11-23 15:08 | Comments(0)

円通院にて 夏の作業

秋雨が続いています。
今日は、8/27に宮城県松島にて行いました作業の様子をご紹介いたします。

今回がお伺いするのは二回目。
作業の都合で、暑くなる前に移植をしたこともあり
その後の生育状態を少し心配していました。

小雨交じりの一日でしたが、スタッフの方々の愛情こもったお手入れのお蔭で
おおむね無事に育っていました。
つぼみの上がっている株もたくさんあり、とてもうまく夏越しが出来ました!
c0140714_15584896.jpg

c0140714_15583445.jpg

c0140714_15584337.jpg

c0140714_15585871.jpg

c0140714_15585398.jpg


花壇の縁には、石で縁取りが施されていました。
土留めも兼ねた装飾ですが、全体が引き締まって、とてもかっこいいです。
c0140714_15591411.jpg


前回と比べて、株が大きくなっているのがお分かり頂けるでしょうか?
c0140714_1559927.jpg

c0140714_1559342.jpg


作業している途中で、何人もの参拝客の方がバラ園に立ち寄ってくださいました。
この調子でいけば、春には色とりどりのバラが楽しめそうです。\(^o^)/
[PR]
# by weekendsladybird | 2015-09-10 16:10 | Comments(0)

松島のバラ寺、円通院

八月も半ばを過ぎ、少し過ごしやすくなったような気がします。
今日は久しぶりの本格的な雨。
ようやく大地や木々が潤い、風も心地よく感じられます。

今日は新しいお客様のご紹介です。

みなさん、日本三景の一つとして知られる
松島に行かれたことはありますでしょうか。
仙台駅から仙石線で40分、松島海岸駅から徒歩5分のところに
円通院というお寺さんがあります。

ここは伊達正宗公の嫡孫(世継ぎとなるお孫さん)光宗公の菩提寺で
1647年に開山された、臨済宗妙心寺派の寺院です。
かの有名な小堀遠州作の庭もあり、年間を通じて多くの拝観者が訪れています。

国の重要文化財に指定された三慧殿には、
当時としてはとてもモダンな模様が描かれています。
この中の一つに赤いバラの模様があり、このバラにちなんで
境内にバラ園があることから「バラ寺」としても知られています。

前置きが長くなりましたが。^ ^
今年の6月から、私達がこちらのバラ園の
お手伝いをさせていただくこととなりました。
これまで管理されてきたスタッフの方々と協力し、
さらに魅力的なバラ園にするべく
数年かけてお手入れに携わっていく予定です。

今年に入ってバラ園の大改造に着手され、
3月にたくさん大苗を植え込んだとのことで、これから生長するのが楽しみ♪
また、ホームページの写真で見られるツゲの生垣は、
どうしても風通しが悪くなってしまうそうで、私達が伺ったときには撤去されていました。

いろんなご希望を伺い、今後のことも長期的に考えて、いざスタートです。

首都圏のバラの見頃は5月中旬頃ですが、松島はちょうど1カ月遅れでした。
c0140714_1755415.jpg


遠くからの写真になりますが、お墓の入り口にバラのフェンスがあります。
品種はニュードーン。檀家さん達も一緒に作業に参加してくださいました!
c0140714_1761864.jpg


植えたてほやほやのニューフェイスたち。
c0140714_1761237.jpg


周りはとても豊かな緑に囲まれています。大きな葉っぱは、秋田蕗です。
風に揺れる姿があまりに綺麗で、もうウットリ。
カエデの奥に見えるのがバラ園です。
c0140714_176577.jpg
ほんとに素敵なところです。
この庭にいて、木々や竹の葉音を聞いていると
いろんなモヤモヤが浄化されていくような気がしました。

みなさんも機会がありましたら、ぜひ円通院にお越しくださいね\(^o^)/
[PR]
# by weekendsladybird | 2015-08-17 18:22 | Comments(0)

四季咲きバラの花がら摘み

今日は、花殻摘みについてお話ししようと思います。

四季咲きのバラは、一番花が咲いた後に新しい枝が伸びて
その枝先に二番花が咲き、またその先に三番花が・・・
というように生育していきますね。

つまり、どんどん背が高くなっていくわけです。
切りバラ品種などは特に、長く伸びてから蕾が付きますので
夏頃には遥か上の方に花が咲き、二階からでないと見えないなんていうことも。

それを避けるためか、とにかくやたらと切ってしまう方が多いんですね(汗;)。
確かに花が見えなくてはつまらない、というのは理解できます。
花瓶に活けるとき、ある程度長さがないと、というのもわかります。

ですが、一番枝は大切にしていただきたいのです。
何故かと言いますと、冬剪定の時に重要になる枝だからです。

バラに鋏を入れることにそれほど抵抗が無くなった
中級者以上の方は、特に気を付けていただきたいと思います。

「バラを切る時は二芽残し」というのが流行っているようですが
それは冬の剪定での切り方です。
(ちなみに私は冬でももう少し残します。よほど旺盛に育っている株か、
実験気分で試してみたいというご要望でもなければ、
そんなに厳しく切る必要はないからです。)

花殻摘みは、剪定ではありません。
咲いた花を種にせず摘んで、次の花を咲かせやすくするお手入れです。

このあたりをごちゃまぜにすると、
下葉が出ないひょろっとした株になってしまいますのでご注意くださいね。

当然のことではありますが、花殻を切った後は、上の芽が動きます。
ということは、春に二芽残しても
冬剪定で使える、一番枝の芽は一つだけということになります。

その一つしかない貴重な芽の向きは、いい方向に向いているでしょうか?
ぷっくりした良い状態でしょうか?
大抵の場合、NOです。
そうなると、仕方なくその上の二番枝で切ることになってしまうのです。

つまり、本来切りたい位置よりも高いということです。
株をコンパクトにしたくて深く切ったのに、逆に背が高くなってしまいますね。

そんなの関係なく低い位置で切っちゃえばいいじゃん!!
という方もいらっしゃいますが。
お勧めはしませんが、芽が出なくても、枝が枯れ込んでもいいなら
ご自分でやってみてください・・・

形を整えるのは冬剪定で、という基本を
どうぞお忘れなきように ^-^
c0140714_20181245.jpg

[PR]
# by weekendsladybird | 2015-05-31 20:35 | Comments(0)

バラと和風のお庭

K様の5月のお庭をご紹介いたします。
ちょっと日差しが強いですが。
玄関前のテラス周辺に、四季咲きのバラを植えています。
道からも見える場所なので、通る人がよく立ち止まっています(*^_^*)
c0140714_21435268.jpg


竹垣のあるスペースにアルバ・セミプレナを。
和風のアイテムにも、とてもしっくりくるバラです。
合わせて植えているのは、ハラン、ツワブキ、タマノカンザシといった
造園屋さんもよく使う、日本でお馴染みの植物たち。
c0140714_2144594.jpg


通路との境に据えた石は、改装前の日本庭園で使われていたもの。
通路と庭に段差があったため土留めとして再利用しました。
植物が被さることで固さが和らぎ、ロックガーデンのような雰囲気を醸し出しています。
写真には写っていませんが、飛び石代わりに設置した平板も
大きく重厚なもので、お庭をしっかりと引き締めています。
c0140714_21441141.jpg
去年の秋に移植したものばかりなので、今後の成長が楽しみです。
[PR]
# by weekendsladybird | 2015-05-16 23:07 | Comments(0)