<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

一番いい肥料・・・?

c0140714_2125457.jpg
暑いですね!
みなさまのお庭のバラはどんな様子でしょうか。

先日伺ったお宅で、こんな質問をされました。
「肥料で一番いいのってどれですか?
一つだけ買うならこれ、というのを知りたいんです」

お店に行くといろんな肥料がありますからね。
迷うのも無理はありません。
植物に合わせてバラ用、花用、観葉用、ラン用。
固形に液体、元肥と追肥、有機と化成と・・・
すべて植物に合わせて揃えていたら大変です。

これひとつで全てOKというものは、残念ながら無いのですが。
最初にひとつ買うなら、元肥と追肥両方に使える
粒状の肥料が使いやすいでしょうか。

今回は、肥料を選ぶ目安を考えてみました。

チェックするところは、

①N:P:Kの割合
私は、どれかが飛びぬけて多いものは避けます。
何回も施肥するうちに、同じ成分だけ増えて偏るのが好きではないからです。
バラ用も花用も、たいていリン酸が多いので使いません。
肥料で咲かせるのではなく、自力で咲けるよう育てます。

②液肥なら薄める倍数
私は使う量が多いので、50倍とか100倍のものはあっという間に無くなってしまいます。
液肥はあくまでお助け役と考えていますが、コスト重視。
肥効は一日程度しかありません。
予算を気にしない方は、お好きなものを選んでくださいね。

③有機肥料なら、におい
変に臭うものは、完熟していないということですから気を付けましょう。
そのまま一年も放置しておけば大丈夫でしょうが、待てません。

何用の肥料か、というのは無視します。
有機には有機の良さが、化成には化成の利点がありますので
これも好きな方を選べば良いでしょう。

細かいことを言うともっとあるのですが、とりあえずこんな感じです。
私は、固形の肥料2種、液肥と活力剤2~3種を使い分けています。

やり過ぎは病気の元ですので、ご注意を~!
[PR]
by weekendsladybird | 2016-08-05 21:35 | Comments(0)