居心地のいい、バラのお庭のお手伝い

私達の仕事は、お客様にとって居心地のいい庭造りの
お手伝いをすることだと思っています。

特に、バラのお庭をつくりたい方。
バラを育ててみたい方の
お役に立つような、
その方の日常に寄り添うような。
そんなお庭になるよう心がけています。

いわば、お庭の植物と、人との橋渡しです。

そのためには、ご希望をお聞きする必要があります。
全てのご要望を叶えることは難しい場合もありますが
優先順位の高いものから形にしていきましょう。
c0140714_15334360.jpg
庭にどんなことを望んでいるか。
庭を綺麗にして何をしたいのか。
どんな植物を植えたいか。
また、ご自身でのお手入れはどれくらいできるか。

お客様に満足していただくということが
私達の目指すところですので、

いいと思うことをプレゼン(説明)してつくる、という
こちら側の押し付けではなく
お客様のご希望を出来るだけ取り入れて
形にしたいと考えています。

そういう点で、自分たちはガーデンデザイナーではないと思っています。
それは自分たちの役割ではないように思います。
あくまで、希望に沿ってアドバイスというスタンスです。

バラの品種ごとの特性をふまえて、
この場所にはこういうバラが合いますよとか
植える位置はここにすると良く育ちそうですね、とか。
バラ専門のガーデナーという視点からアドバイスをいたします。

個人邸のお庭は、ショーガーデンのような
デザイナーの作品とは違います。
植えてワーッと咲いてすぐに撤収、というものではありませんよね。

また貴族の広大なお庭のように、専属のガーデナーが
毎日お手入れしてくれる訳でもありません。

公園のような公共の場でもありませんから、
一般受けするような無難なものにしたり
流行りを狙った目を引くものにする必要もありません。
(日本人は新し物好きですから、それはそれでいいですけれどもね。)

誰かと比べて張り合わなくていいですし、
特別これといった目標がなくたっていいのです。
お庭を綺麗にして植物を育ててみたい、というだけで十分。

自分のやりたいことは何か?形にしたいものは何か?と
肩に力を入れなくて大丈夫なのです。

まずは、バラを一株植えてみる。
そこからスタートです。

一度にすべてをやろうとしなくていいのです。
完璧なんてありません。
人の気はうつろうものですし、植物も少しずつ育ちます。

バラのお庭に関して、困ったことがあれば
ぜひ私共にご相談ください。


[PR]
by weekendsladybird | 2017-03-02 15:52 | About us | Comments(0)
<< ローズレッスン開催のお知らせ ... ローズレッスン開催のお知らせ  >>